土日対応ファクタリング8選【2024年7月最新】

更新日:2024年07月01日

土日ファクタリング

土日対応ファクタリングとは、土日や祝日に審査と振込に対応してくれるファクタリングサービスのことです。売掛金を早期に現金化できるファクタリングは、中小企業や個人事業主の方が、急ぎで資金調達したい場合にとても便利なサービスです。しかし、ほとんどのファクタリング会社は、土日祝日、平日の夜間に営業していないため、平日の日中に仕事が忙しい方は利用しにくくなっています。そこで本記事では、土日や祝日にも審査と入金に対応してくれる土日対応ファクタリングを紹介します。

目次

ファクタリング総合ランキング【TOP3】

以下の3社は、土日祝日の審査や入金には対応していませんが、申し込みは24時間365日ずっと受け付けています。また、買取手数料や入金スピードなどの条件が優れているため、おすすめのファクタリングです。日曜日や祝日に審査を申し込む場合、時間帯によっては対応が平日になる場合もあります。それであれば、あえて土日対応のファクタリングを利用せず、その他の条件が魅力的なファクタリングから選んだ方が、満足いく資金調達ができる場合もありますので、ぜひ検討してみてください。

おすすめ
順位
サービス
名称
買取
手数料
最短入金
スピード
買取
可能額
1位 ビートレーディング 2.0%~
12.0%
2時間 無制限
2位 日本中小企業金融サポート機構 1.5%~
10.0%
3時間 無制限
3位 QuQuMo(ククモ) 1.0%~
14.8%
2時間 無制限

参考)ファクタリング会社おすすめTOP10【最新比較】

土日や祝日に対応のファクタリング8選

土日や祝日に対応しているファクタリング会社について、簡単な比較表を作りました。休日に対応していると言っても、その範囲は様々です。土日に審査のみ対応、土日祝日に審査と入金の両方に対応、といった違いがあります。この比較表で違いを確認してから、最適なファクタリング会社を選んでください。

▼土日祝日に対応のファクタリング8社の比較表
サービス
名称
土日祝日
対応
個人
事業主
買取
手数料
買取
可能額
みんなのファクタリング
7.0%~15.0% 1万円~
300万円
ラボル

一律10.0% 1万円~
JTC 1.2%~10.0% 100万円~
事業資金エージェント
(土曜のみ)
1.5%~20.0% 20万円~2億円
ファクタリングZERO
(土曜のみ)
1.5%~10.0% 20万円~5,000万円
GoodPlus
(審査のみ)
5.0%~
非公開
TRY
(審査のみ)
3.0%~ 10万円~5,000万円
えんナビ
(審査受付のみ)
5.0%~ 50万円~5,000万円

※◯…土日祝日に審査と入金の両方に対応

※◯(土曜のみ)…土曜日のみ審査と入金の両方に対応、日曜日と祝日は非対応

※◯(審査のみ)…土日祝日は審査のみ対応、入金は非対応

※◯(審査受付のみ)…土日祝日は審査受付のみ対応(電話相談可)、審査結果の回答と入金は非対応

土日に審査と入金に対応してほしいなら

土日に審査と入金の両方に対応しているファクタリングで一番おすすめなのは「みんなのファクタリング」です。手数料が7.0%から15.0%で、土日祝日も最短1時間での入金に対応しており、1万円から買い取ってくれます。審査と契約の必要書類も少ないため準備負担も少なめです。続いて魅力があるのは「ラボル」です。最短1時間での入金に対応しており、手数料が一律10.0%で、買取可能額も1万円からと少額からでも利用しやすくなっています。

JTC」も同じサービス体系ですが、買取可能額が100万円からで、初回利用時は面談が必須、債権譲渡登記が必要という厳しい条件になっています。そのため、土日対応のファクタリングで総合的におすすめなのは「みんなのファクタリング」です。

土曜日のみのファクタリング利用なら

事業資金エージェント」や「ファクタリングZERO」や土曜日のみ審査と入金に対応していますが、審査結果の回答が土曜日の遅い時間になると入金が週明けになる可能性がある点に注意しましょう。

土日に審査だけ受けたいなら

土日は審査のみ受け付けてもらえればOKで、入金手続きは平日でも良いという方なら、「GoodPlus」と「ファクタリングのTRY」も選択肢に入ります。

ここからは、土日対応のファクタリング会社それぞれについて、詳しく解説していきます。

手数料が柔軟で明朗会計の「みんなのファクタリング」

「みんなのファクタリング」は、買取手数料は7%~15%で、土日祝日でも最短1時間で入金してくれます。会員登録型のサービスで、登録から契約まで完全オンラインで完結が可能です(電話での相談は受け付けていません)。登録時の必要書類は「顔写真付き身分証と保険証」、買取依頼(契約依頼)のときは「請求書」のみで利用できるため、準備する書類が少ないのも魅力です。

買取手数料 7.0%~15.0%
最短入金スピード 60分
買取可能額 1万円~300万円
※初回は1万円~50万円まで
二者間(2社間)
三者間(3社間)
債権譲渡登記 原則不要
必要書類 本人確認書類、保険証、請求書
非対面の審査・契約
個人事業主
運営会社 株式会社チェンジ

みんなのファクタリングの評判を見る→

個人事業主、小規模事業者向け「ラボル」

labol(ラボル ※旧ナゲット)のファクタリングは、個人事業主や小規模事業者向けのサービスです。買取手数料が一律10.0%、買取可能額が1万円からで利用しやすく、最短60分での入金に対応しています。土日祝日にも審査を受け付けており、土日祝日の即日入金にも対応しています。えんナビと異なり、電話相談はできません。運営会社の株式会社ラボルは、東証プライム上場企業の株式会社セレスの子会社です。初回利用時の買取可能額は10万円が上限ですが、いくつかの質問に答えて与信タスクを完了すると、30万円に増額されます。

買取手数料 一律10.0%
最短入金スピード 60分
買取可能額 1万円~
※初回は1万円~10万円まで(条件を満たすと30万円まで)
二者間(2社間)
三者間(3社間)
債権譲渡登記 不明
必要書類 本人確認書類、請求書、取引を示すエビデンス(取引先とのメール等)
非対面の審査・契約
個人事業主
運営会社 株式会社ラボル

ラボルの口コミと評判を見る→

利用条件が厳し目の「JTC」

JTCのファクタリングは、買取手数料が1.2%~10.0%と魅力的な部分もありますが、利用条件が他社に比べて厳しくなっています。企業であれば年商7,000万円以上で、個人事業主であれば債権譲渡通知が必須(つまり3者間取引になる)で、最低の買取可能額が100万円からです。また、初回契約時には担当者との面談が必要なため、資金調達まで時間がかかります。せっかく、24時間365日の対応をしてくれているのですが、敷居の高いサービスと言えるでしょう。一方で、利用条件さえ合えば魅力的なサービスでもあります。

買取手数料 1.2%~10.0%
最短入金スピード 即日
買取可能額 100万円~
二者間(2社間)
三者間(3社間)
債権譲渡登記 応相談
必要書類 入金予定表
非対面の審査・契約
(初回利用時は不可)
個人事業主
(債権譲渡通知が必須)
運営会社 株式会社JTC

JTCの口コミと評判を見る→

500万円以下なら非対面OK「事業資金エージェント」

事業資金エージェントは、企業向けのファクタリングです。平日と土曜日の9:00~19:00の間は、審査、入金、電話相談に対応しています。日曜日や祝日は営業していません。また、個人事業主は対象外のため、利用できるのは法人のみになっています。500万円以下なら非対面契約が可能で、最短3時間での振込の実績があります。500万円を超えると担当者との面談が必須な点には注意しましょう。

買取手数料 1.5%~20.0%
最短入金スピード 即日(最短3時間)
買取可能額 20万円~2億円
二者間(2社間)
三者間(3社間)
非対面の審査・契約 ◯(500万円以下の場合のみ)
個人事業主
審査時の必要書類 非公開
債権譲渡登記 非公開
運営会社 アネックス株式会社

事業資金エージェントの口コミと評判を見る→

西日本に特化した「ファクタリングZERO」

ファクタリングZEROは、西日本地域に限定してサービスを提供しているファクタリング会社で、土曜日のみ審査と入金に対応しています。審査通過率が96%と非常に高いうえ、買い取り手数料は1.5%から10.0%と業界最安クラスで、債権譲渡登記も原則不要なため利用しやすくなっています。二者間と三者間取引から選択でき、非対面契約にも対応です。買取可能額も幅広く、20万円から5,000万円に設定されています。

買取手数料 1.5%~10.0%
最短入金スピード 即日
買取可能額 20万円~5,000万円
二者間(2社間)
三者間(3社間)
非対面の審査・契約
個人事業主
審査時の必要書類 代表者の身分証明書、通帳、請求書
債権譲渡登記 原則不要
運営会社 株式会社スリートラスト

ファクタリングZEROの解説記事を見る→

債権譲渡登記が不要な「GoodPlus株式会社」

GoodPlus株式会社のファクタリングは、営業日が土日祝日も含めた8:30~20:00で、電話、LINE、メールでの相談に対応しています。入金は平日の処理になりますが、最短90分の即日入金に対応が可能です。売買手数料は5%から、二者間取引と三者間取引、医療ファクタリングに対応しており、病院やクリニック、調剤薬局、介護サービス事業者の方も利用できます。

参考)医療ファクタリングとは

買取手数料 5.0%~
最短入金スピード 90分
買取可能額 非公開
二者間(2社間)
三者間(3社間)
債権譲渡登記 応相談
必要書類 請求書または発注書、代表者の身分証明書、
預金通帳(指定期間のコピー)
非対面の審査・契約
個人事業主
運営会社 GoodPlus株式会社

GoodPlusの口コミと評判を見る→

他社からの乗換がお得な「ファクタリングのTRY」

土日祝日の入金には対応していませんが、24時間365日、ファクタリング会社の担当者が対応してくれるのは「ファクタリングのTRY」です。TRYの買取手数料は10%~とやや高めですが、他社からの乗り換えだと5%優遇してくれます。法人、個人事業主の両方が利用可能で、電話、メール、LINEで相談を受け付けています。

買取手数料 10.0%~
最短入金スピード 即日
買取可能額 10万円~5,000万円
二者間(2社間)
三者間(3社間)
非対面の審査・契約
個人事業主
審査時の必要書類 代表者の身分証明書、通帳、請求書
債権譲渡登記 非公開
運営会社 株式会社SKO

TRYの口コミと評判を見る→

24時間365日、スタッフが対応してくれる「えんナビ」

えんナビは、24時間365日、担当者が電話で対応をしてくれます。メールのみではなく、土日や休日に電話相談もしたい方にとっては最適なファクタリング会社でしょう。なお、土日祝日に電話などで審査受付はしてくれますが、審査結果の回答と入金には対応していません。そのため、実質的には土日対応してないファクタリング会社、という評価もできてしまいます。買取手数料5.0%~、買取可能額は50万円~5,000万円、2者間取引と3者間取引に対応しています。個人事業主やフリーランスの方でも利用可能で、非対面での契約手続きを完了できます。契約時の必要書類が多いため、土日に審査を申し込んでも契約まで完了しない可能性が高くなっています。

買取手数料 5.0%~
最短入金スピード 即日
買取可能額 50万円~5,000万円
二者間(2社間)
三者間(3社間)
非対面の審査・契約
個人事業主
審査時の必要書類 請求書、通帳コピー
債権譲渡登記 非公開
運営会社 株式会社インターテック

えんナビの口コミと評判を見る→

土日祝日にファクタリングで入金してもらうコツ

土日祝日や夜間に対応してくれるファクタリング会社でも、自分次第では入金が遅くなってしまう場合があります。それを防ぐポイントを紹介します。

事前に書類を準備しておく

ファクタリング会社へ審査を依頼するときには、請求書、注文書、契約書、代表者の身分証、事業資金を管理する通帳のコピーなどの書類が必要です。それらの書類を事前に手元に用意しておくと、手続きがスムーズに済みます。また、契約時に決算書や登記簿、印鑑証明書の提出を求められることもあります。土日祝日に取得できなかったり、取得に時間がかかる書類もあるため、できれば準備しておきましょう。

参考)決算書とは

必要書類が少ないファクタリング会社を選ぶ

ファクタリング会社によって、提出書類は異なります。すべての会社に対応できるように、書類を準備するのは困難です。そのため、他社と比較して明らかに提出書類が多いファクタリング会社は、仮に条件が魅力的でも、選ばないようにしましょう。審査が通っても、その後の契約手続きに時間がかかってしまう可能性があります。

債権譲渡登記が必須の会社は避ける

債権譲渡登記とは、債権を譲渡したことを法務局に記録として残す仕組みのことです。債権譲渡登記をする場合には、当然ながら手続きに時間を要するため、入金までの日数が長くなります。土日祝に急ぎの資金調達をしたい方は、登記不要のファクタリングを選びましょう。応相談の会社の場合は、必ず「登記したくない」旨を、審査申し込みの時点で、ファクタリング会社へ伝えましょう。

オンライン(非対面)で審査と契約ができる会社を選ぶ

ファクタリングで資金調達するには、大きく分けて「審査」と「契約」のステップがあります。その際に、来社や出張などの面談が必須のファクタリング会社もありますが、移動時間の分だけ入金までの日数が長くなってしまいます。メール、電話などの非対面(オンライン)で完結できる会社を選択した方が、売掛金をスピーディーに現金化できます。

土日や祝日に対応のファクタリングのよくある質問

本章では、土日や祝日に対応のファクタリングについてのFAQを、一問一答の形式で紹介します。

Q.24時間対応のファクタリングと何が違う?

A.ほとんど(おそらく全て)のファクタリング会社は、24時間365日対応しています。何に対応しているかと言うと審査の受付のみです。審査結果の連絡や入金には対応していません。通常、ファクタリング会社はホームページを開設しており、その問い合わせフォームから審査依頼を受け付けています。ホームページは年中無休ですので、受付自体はしてくれるわけです。一方、土日や祝日に”本当の意味で”対応しているファクタリング会社は、土日祝日でも審査結果の返信や入金に対応しています。両者の意味は全く異なりますので、注意しましょう。

Q.土日祝日の両方に審査と入金をしてくれるファクタリング会社はある?

A.はい、あります。現時点では3社のみで「ラボル」「みんなのファクタリング」「えんナビ」のみです。世の中に数多くのファクタリング会社が存在する中で、この3社のみが対応しているという点では、貴重なファクタリング会社だと言えるでしょう。詳しくは、土日や祝日に対応のファクタリング6選の章をご覧ください。

ファクタリングで平日にスピーディーに資金調達できる会社

土日や祝日の入金ではなく、平日の資金調達でよい場合に、売掛金を最速で現金化できるファクタリング会社も紹介します。

最短10分で入金、個人事業主向けの「ペイトナーファクタリング」

ペイトナー

「ペイトナーファクタリング(旧yup)」は、個人事業主やフリーランス向けのファクタリングです。営業時間は平日の10時から18時と短いものの、最短10分で資金調達が可能なため、フリーランスや個人事業主の方が、平日に請求書を現金化したい場合に、おすすめです。なお、ペイトナーファクタリングの買取手数料は一律10%で、買取可能額は1万円から100万円(初回のみ25万円)です。

買取手数料 一律10.0%
最短入金スピード 10分
買取可能額 1万円~100万円(初回は25万円まで)
二者間(2社間)
三者間(3社間)
債権譲渡登記 不要
必要書類 本人確認書類(初回のみ)、請求書
非対面の審査・契約
個人事業主
運営会社 ペイトナー株式会社

ペイトナーファクタリングの解説記事を見る→

法人にも対応、最短30分で入金の「PayToday」

PayToday(ペイトゥデイ)は、法人と個人に対応したファクタリングで、最短30分での振込に対応しています。買取手数料が1.0%から9.5%とトップクラスに安いのも特徴です。PayToday(ペイトゥデイ)は、AIを活用してスピーディーに審査しており、日本全国オンラインで対応してくれます。

買取手数料 1.0%~9.5%
最短入金スピード 30分
買取可能額 10万円~上限なし
二者間(2社間)
三者間(3社間)
債権譲渡登記 不要
必要書類 身分証明書、決算書(個人は確定申告書)、請求書、通帳
非対面の審査・契約
個人事業主
運営会社 Dual Life Partners株式会社

PayToday(ペイトゥデイ)の口コミと評判を見る→

1,000万円までなら1時間で入金「ベストファクター」

ベストファクターのバナー

ベストファクターのファクタリングは、1,000万円までなら契約手続きもオンラインで完結でき、最短1時間での現金化に対応しています。2者間、3者間取引に対応しているため好きな方から選べます。また、医療ファクタリングに対応しているため、病院や調剤薬局などの医療機関の債権買取も可能です。平均買取率も92.2%と非常に高いので、他社で断られた方でも柔軟に対応してもらえるでしょう。さらに、経営課題に即した財務コンサルティングも提供しています。

買取手数料 2.0%~20.0%
最短入金スピード 1時間
※1千万円超なら最短即日
買取可能額 30万円~1億円
二者間(2社間)
三者間(3社間)
債権譲渡登記 応相談
必要書類 代表者の身分証明書、請求書、見積書、通帳
非対面の審査・契約
個人事業主
運営会社 株式会社アレシア
bestfactorのバナー(電話)

ベストファクターの口コミと評判を見る→

30分で見積が完了する「QuQuMo(ククモ)」

ququmoのバナー

「QuQuMo online(ククモオンライン)」は、手数料は1.0%からという圧倒的な安さで、入金も最速で2時間というスピードの速さが魅力です。見積だけなら30分で完了します。買取可能額に上限も下限もなく小口や大口の資金調達も可能で、債権譲渡登記も不要なため利用しやすくなっています。審査と契約手続きをインターネットで完結できるため来店や面談が不要です。契約締結は弁護士ドットコムが監修した「クラウドサイン」を使うため安心してwebで契約できます。

買取手数料 1.0%~14.8%
最短入金スピード 2時間
買取可能額 無制限
二者間(2社間)
三者間(3社間)
債権譲渡登記 不要
必要書類 身分証明書、請求書、通帳
非対面の審査・契約
個人事業主
運営会社 株式会社アクティブサポート

QuQuMo(ククモ)の口コミと評判を見る→

ファクタリングについて解説

ファクタリング初心者の方のために、ファクタリングについて簡単に説明します。ファクタリングとは、売掛債権(売掛金や受取手形など)をファクタリング会社へ債権譲渡して資金調達できるサービスのことです。受け取る代金からは買取手数料などが差し引かれるため、複数のファクタリング会社に相見積もりを依頼して、条件に合うファクタリング会社と契約することが大切です。

参考)ファクタリングとは

参考)約束手形とは

土日や祝日に対応のファクタリングまとめ

今回は、土日や祝日等の休日にも入金してくれるファクタリング会社があるか調査し、その結果について解説しました。世の中にたくさんのファクタリング会社がある中で、土日祝日の休日に入金してくれるファクタリング会社は非常に珍しい存在です。その中でも利用しやすいのは「みんなのファクタリング」と「ラボル」でしょう。今後、さまざまなファクタリング会社が追随してくる可能性はありますが、現時点では二択です。引き続き、他のファクタリング会社についても調査し、土日祝日に対応する会社があれば、追加で掲載します。改めて、土日祝日に入金してくれるファクタリング会社を比較したい方は、以下の章をクリックして確認してみてください。→土日や祝日に対応のファクタリング会社の比較表

※本記事ではファクタリング会社の広告から収益が発生している場合があります。

この記事の監修者

牛崎 遼 株式会社フリーウェイジャパン 取締役

2007年に同社に入社。財務・経理部門からスタートし、経営企画室、新規事業開発などを担当。2017年より、会計などに関する幅広い情報を発信する「会計ブログ」の運営責任者を継続している。これまでに自身で執筆または監修した記事は300本以上。

無料の会計ソフト「フリーウェイ」

このエントリーをはてなブックマークに追加