伝票式会計とは~振替伝票・入金伝票・出金伝票~

2018.10.12

伝票と電卓と文房具

実務では取引内容の記入に仕訳帳を使う機会はほとんどなく、仕訳帳の代わりに、「伝票」を用いて仕訳します。この会計処理の方法を「伝票式会計」といいます。

伝票と起票とは?

「伝票」とは、取引を一定の形式で記録する紙片のことです。この伝票に取引の内容を記入することを「起票」といい、伝票を帳簿として用いる会計方法を「伝票式会計」といいます。仕訳帳では取引を1行ずつ記入しますが、 伝票の場合は取引を伝票に1枚ずつ記入するため作業を複数人で分担でき、業務の細分化が可能です。

伝票の記入(3伝票制)

こちらでは、「入金伝票」「出金伝票」「振替伝票」の3種類を用いる「3伝票制」について説明します。入金取引では「入金伝票」、出金取引では「出金伝票」、それ以外の取引では「振替伝票」を用います。

入金伝票の起票

現金が入金されるときにだけ使用します。入金取引では必ず借方は現金勘定となり、貸方には伝票に記載されている勘定を記入します。

例)2月2日に取引先へ10,000円分の商品を販売し、代金を現金で受け取った場合

入金伝票 No.1

平成○○年2月1日

科目 金額
売上○○商店 10,000

上記の伝票の仕訳は以下の通りです。

借方 貸方
現金 10,000円 売上 10,000円

出金伝票の起票

出金伝票は現金を出金するときにだけ使用します。出金取引では現金が減少するため貸方は現金勘定となり、借方には伝票に記載されている勘定を記入します。

例)2月10日に取引先から10,000円分の商品を仕入れ、代金を現金で支払った場合

出金伝票 No.10

平成○○年2月10日

科目 金額
仕入○○商店 10,000

上記の伝票の仕訳は以下の通りです。

借方 貸方
仕入 10,000円 現金 10,000円

振替伝票の起票

入金取引、出金取引以外の取引を行った場合は振替伝票を用います。振替伝票は入金伝票や出金伝票と異なり両方の勘定科目が決まっておらず、起票の方法は通常の仕訳と同じです。貸方、借方ともに伝票に記載された勘定を記入します。

例)2月15日に取引先へ10,000円分の商品を販売し、代金を掛けとした場合

振替伝票 No.10

平成○○年2月15日

貸方科目 金額 貸方科目 金額
売掛金 10,000 売上 10,000

上記の伝票の仕訳は以下の通りです。

借方 貸方
売掛金 10,000円 売上 10,000円

一部現金取引の起票

商品を仕入れる際に代金の一部を現金で支払い、残額を掛けとした場合、取引の中に現金と一部現金取引が含まれます。振替伝票の記入方法は、商品を仕入れた代金の一部を現金で支払い、残額を掛けとする方法と、全額掛けで仕入れたと仮定し、その一部を現金で支払ったものとする方法の2つです。

例)2月5日に取引先から10,000円分の商品を仕入れ、代金のうち4,000円を現金で支払い、残りの一部を掛けにする場合

出金伝票  No.8

平成○○年2月5日

科目 金額
仕入○○商店 4,000

 

振替伝票 No.15

平成○○年2月5日

貸方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 6,000 買掛金 6,000

上記の伝票の仕訳は以下の通りです。

借方 貸方
仕入 4,000円 現金 4,000円
仕入 6,000円 買掛金 6,000円

例)2月2日に商品10,000円を全額掛けとして仕入れ、3月31日に代金の一部4,000円を現金で支払った場合

振替伝票 No.6

平成○○年2月2日

貸方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 10,000 買掛金 10,000

 

出金伝票 No.20

平成○○年3月31日

科目 金額
買掛金 ○○商店 4,000

上記の伝票の仕訳は以下の通りです。

借方 貸方
仕入 10,000円 買掛金 10,000円
買掛金 4,000円 現金 4,000円

仕訳帳の代わりに伝票式会計を使うと合理的

今回は仕訳帳の代わりにできる伝票を用いて行う伝票式会計の仕訳を解説しました。伝票を起票した後はまとめて総勘定元帳へ転記するため、誰でも使えるかんたんなフォーマットとして、経理に詳しくない人でも素早く作成できる合理的な会計手段です。

関連記事

keiri_rectangle

このエントリーをはてなブックマークに追加