買掛金とは~仕訳の方法、回転率、売掛金や未払金との違いを解説~

2023.08.14

買掛金

買掛金は、掛け取引で使われる基本的な勘定科目の1つです。「掛け」とは、商品・サービスの提供を受けた際に、料金を後で支払う取引を指します。ビジネスでよく使用される取引形態ですが「買掛金」の仕訳にはさまざまなケースがあるため、対応に迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。本記事では、買掛金の仕訳方法の例、買掛金の概要と、仕訳の際に間違いやすい勘定科目について解説します。

買掛金の基本的な仕訳例

ここでは、買掛金の基本的な仕訳方法を解説します。現金・預金・クレジットカードの支払い方法別に見てみましょう。

掛け(後払い)で仕入れたときの仕訳

一般的な取引では、商品の受け取り時点を仕入れ時期として、支払いの義務はこの時点で発生します。ただし、掛け取引では実際の支払いは後日となるため、買掛金は負債として扱われます。たとえば、20,000円の商品を掛けで仕入れたときの処理の仕方は、以下のようになります。

借方 貸方
仕入 20,000円 買掛金 20,000円

仕入れは費用となるため借方に記載します。また、負債となる買掛金は貸方に記載します。

後日現金で支払ったときの仕訳

掛け取引で20,000円の商品を仕入れて、後日現金で支払ったときの処理に関する正しい仕訳は以下の通りです。

借方 貸方
買掛金 20,000円 当座預金 20,000円

現金での支払いと同じく、仕入時に生じていた負債を支払い、買掛金が消失します。また、当座預金からの支払いを行ったため、貸方に20,000円を記載します。現金払いのときと資産の出所が異なるだけで、基本的な考え方は同じです。

クレジットカードで支払ったときの仕訳

掛け取引で仕入れた商品の代金をクレジットカードで支払うときは、現金や預金での支払いとは仕訳方法が異なります。クレジットカードでの支払いは、買掛金への支払いではなく「未払金」として処理する必要があります。なぜなら、商品の代金はクレジットカード会社によって立て替えられているため、取引の相手もクレジットカード会社とみなされるためです。取引の相手がクレジットカード会社の場合、通常の営業取引以外で発生した負債として扱われるため、買掛金ではなく未払金として仕訳します。たとえば、20,000円の商品を掛けで仕入れて、後日クレジットカードで支払ったときの処理は、以下のようになります。

借方 貸方
買掛金 20,000円 未払金 20,000円

また、後日クレジットカード会社から口座引き落としをされたときは、次のように処理をします。

借方 貸方
未払金 20,000円 普通預金 20,000円

クレジットカード会社から口座引き落としがされると、未払金の20,000円が精算されます。手数料がかかる場合には、その都度貸方表に記載します。

買掛金のイレギュラーな仕訳処理の事例

買掛金の支払いにおいて、イレギュラーな取引が発生することも考えられます。たとえば、以下のような場合が該当します。

  • 割引商品や返品する商品があった
  • 手形を発行した
  • 売掛金と相殺した

ここからは、それぞれのケースにおける処理の方法を解説します。

割引や返品するものがあったときの仕訳

商品を検品する際、汚れているものや破損しているものが混ざっていることがあります。それらを返品する場合、納品の数量が減るため、仕入を減額する必要があります。また、はじめから数が足りていないときや、値引き商品があった際も同様です。このようなケースでの会計処理には、大きく2つのパターンがあります。

  • 買掛金と仕入を相殺させる
  • 買掛金から返品分を差し引く

たとえば、3,500円分の返品があったときの仕訳方法は、以下の通りです。

借方 貸方
買掛金 3,500円 仕入 3,500円

買掛金から返品分を差し引く際は、仕入として仕訳して、その後減額処理を追って記載します。

約束手形による仕訳

支払いをするときに、約束手形を使うことがあります。このとき、負債として扱うものは買掛金ではなく「手形」となります。たとえば、掛けで仕入れた20,000円の商品を手形で支払うときの仕訳方法は、以下の通りです。

借方 貸方
買掛金 20,000円 支払手形 20,000円

現金と手形を併用することも可能です。その際は、それぞれの金額を貸方表に記載します。

取引先と双方に売掛金買掛金があるときの仕訳

取引先と自社の双方に売掛金及び買掛金の処理があるときは、双方の了承を得た上で相殺処理をすることが可能です。たとえば、20,000円分を相殺させるときの処理は、以下のようになります。

借方 貸方
買掛金 20,000円 売掛金 20,000円

売掛金と買掛金の残高を確認して、相殺分を減額処理します。

買掛金とは

買掛金とは、掛け取引(商品・サービスの提供を受けた側が、後日その代金を支払うことを約束する取引)に用いられる勘定科目です。

買掛金の定義には、以下の2つがあります。

  • 支払いの義務があること
  • 流動負債であること

以下でそれぞれについて解説します。

買掛金は支払いの義務である

掛け取引によって商品・サービスの購入や原材料の仕入れなどをした際に、後から代金を支払う義務があります。買掛金は、このような一定期間に発生する後払いの会計をまとめて処理する際に便利な勘定科目です。ただし、前提として、当事者間で支払条件が取り決められており、提示された支払期限までに滞りなく精算を済ませる必要があります。

買掛金は流動負債である

買掛金は、貸借対照表の「負債の部」として扱われます。負債には「流動負債」「固定負債」の2つがありますが、買掛金は流動負債にあたります。

流動負債に分類される条件の一つとして、「1年以内に精算される取引」があります。買掛金の多くは、数か月のうちに支払い期限が設けられているため、固定負債ではなく流動負債にあたります。

ただし、支払い期限が1年を越える取引でも、買掛金は企業の営業取引における循環過程にあるものとして「正常営業循環基準」が適用されます。正常営業循環基準では、支払い期限にかかわらず、資本として回収されるまでの循環期間内にある負債が流動負債とされます。

買掛金と間違えやすい勘定科目

買掛金とよく間違えやすい勘定科目には、以下の3つがあります。

  • 売掛金
  • 未払金
  • 未払費用

以下では、それぞれについて詳しく解説します。

売掛金|代金を受け取る権利

売掛金は、買掛金と同じく掛け取引で使われる勘定科目です。

買掛金は、商品・サービスの提供を受ける際に使われる勘定科目であるのに対して、売掛金は、商品・サービスの販売時に使われる勘定科目です。

前述の通り、買掛金は支払う義務があり、流動負債に分類されます。一方の売掛金は、商品・サービスを掛け取引で販売する際に、「代金を受け取る権利があるもの」として、相手勘定科目に使用します。なお、売掛金も流動資産に分類されます。

つまり、売掛金と買掛金は、1つの取引において相対関係にあります。ある掛け取引において、一方は買掛金として処理をして、その相手方は同じ取引を売掛金として処理をするということです。

未払金|通常の営業活動以外で発生する未払い金

未払金も、買掛金と間違えやすい勘定科目です。これらの違いは、主に「通常の営業活動において発生する負債かどうか」がポイントになります。

買掛金は、営業取引に使用する商品や材料の仕入れに関する掛け取引で使用します。これに対して未払金は、企業の主となる営業取引以外で発生した負債の仕訳に使用します。

営業取引以外で発生する負債には、以下が挙げられます。

▼未払金に該当するもの

  • 固定資産
  • 有価証券
  • 宣伝費
  • 外注費
  • 交際費

また、未払金は、「既に役務の提供を受けている」「金額が確定している」といった2点に当てはまる場合に該当します。支払期限が1年以上先の未払金に関しては「長期未払金」として処理します。

未払費用|既に役務提供を受けていて金額が未確定のもの

買掛金や未払金と間違えやすい勘定科目に「未払費用」というものがあります。

通常の営業取引以外で発生した負債という点では未払金と共通しますが、未払金と異なる点として、以下の2点があります。

  1. 継続して役務を提供されているものに対する負債であること
  2. 債務の金額が未確定であることs

未払金や買掛金では、事前に金額が確定していることが条件です。一方、未払費用は金額が未確定となっており、継続的に支払いが発生する費用を指します。

具体的には、以下が挙げられます。

▼未払費用に該当するもの

  • 給与
  • 家賃
  • 光熱費
  • リース代
  • 利息
  • 各種保険料
  • 通信費

たとえば、電気代は、継続して提供される電力に対して支払うものであり、使用量に応じてその金額が決定されます。

つまり、役務となる電力は支払いより先に提供されますが、一定期間で区切って使用量を測るまで金額は未確定の状態です。使用量が確定した段階で、費用の請求が生じます。このような債務を未払金として扱います。

買掛金の回転期間と回転率からわかること

買掛金は負債として扱われます。そのため、支払いまでの回転期間や回転率をみることで、経営の安定性を推察できるようになります。

回転期間や回転率は、いずれも支払いまでの平均期間を割り出すものです。
買掛金の回転期間と回転率は、それぞれ以下の計算式で求められます。

▼買掛金の回転期間(日数)

買掛残高÷仕入金額×365(日)

▼買掛金の回転率(%)

仕入金額÷買掛残高×100

一定期間を通して、買掛金の回転期間と回転率を比較することで、キャッシュフローの問題点を把握できるようになります。

たとえば、回転期間が長くなっているのであれば、債務状況が芳しくないということが考えられます。資金を調達するために時間がかかっている可能性もあります。

また、買掛金回転率の目安は1,200%以上とされており、この数値が高い場合には、効率的な支払いができていると判断できます。数値が大幅に低い場合には、支払いの遅延や支払条件の悪化が起きている可能性もあります。

買掛元帳の活用

買掛元帳は、買掛金を管理するための補助簿です。

取引先ごとに買掛金の残高を確認できるようになっており、これを使うことで支払いの漏れや忘れを防げるようになります。会計ソフトの種類によっては、仕入れを記載すると自動で買掛元帳に転記されるものもあります。買掛元帳をうまく活用して、買掛金を適切に管理しましょう。

買掛金まとめ

買掛金は、掛け取引で商品・サービスを仕入れるときに使われる勘定科目です。売掛金や未払金、未払費用などと混同しやすい勘定科目のため、適切な仕訳方法を理解しておくことが重要です。また、買掛金は流動負債として扱われるため、回転期間や回転率をみることで企業の債務状況を把握できるようになります。

【記事の執筆と監修について】

この記事は、株式会社フリーウェイジャパンが執筆および監修をしています。当社は1991年に創業し、税理士事務所向けの会計ソフトの販売からスタートした会社です。2009年から中小企業・個人事業主の方向けにクラウド型の業務系システムの開発・販売を開始しました。当メディアは2012年から運営しており、会計や金融など経営に関する幅広い情報を発信しています。また、当社は本当に無料で使える会計ソフト「フリーウェイ経理Lite」を提供しており、ご利用いただければ費用をかけずに業務効率化が可能です。詳しくは、こちら↓↓

無料の会計ソフト「フリーウェイ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

電子マネーの仕訳に使う勘定科目とは?チャージする際のポイントも紹介
前払費用とは何かわかりやすく解説!長期前払費用との違いや仕訳も紹介
前受収益とは?仕訳方法や前受金との違いをわかりやすく解説
貸倒損失とは何?要件や具体的な仕訳方法についても解説
簿記の基礎知識が経営に役立つ理由とは?
仕訳とは何か?~複式簿記は難しくない~
勘定科目とは何か?~実務で使える勘定科目を一覧で解説~
資金移動したときの仕訳~銀行口座間でお金を移した場合~
資本金の仕訳~会社設立時の会計処理について徹底解説!具体的な例や注意点のまとめ~
分記法の仕訳~商品を仕入れたとき、商品を売ったとき~
三分法の仕訳~商品を仕入れたとき、商品を販売したとき~
繰越商品を使った仕訳~期末棚卸~
買掛金とは~仕訳の方法、回転率、売掛金や未払金との違いを解説~
売掛金とは?仕訳例や買掛金とは何かについてもわかりやすく解説
返品の仕訳~仕入戻しと売上戻りで使う勘定科目~
値引きの仕訳~仕入値引、売上値引の会計処理
諸掛とは何か~運送料などの仕訳について解説~
現金過不足とは?~帳簿上と実際の残高がズレた場合の仕訳~
小口現金とは?その仕組みと管理方法について
当座預金とは何か~普通預金の違い、手形の不渡りとの関係~
手形を裏書き(譲渡)とは~振り出したとき、受け取ったときの仕訳~
約束手形とは?~小切手との違い、支払手形と受取手形の仕訳~
手形割引とは~受け取ったときと割り引いたときの手数料の仕訳~
借入金とは~仕訳、種類、短期と長期、支払利息の計算~
貸付金とは~仕訳、短期と長期の違い、受取利息の計算方法~
未収金(未収入金)とは~仕訳、具体例、回収手段、管理方法~
未払金の仕訳~購入したときと支払ったとき~
前払金(前渡金)とは~仕訳、具体例、前払費用との違い
前受金とは~仕訳、消費税、会計処理の注意点を解説~
立替金とは~仕訳、混同しやすい勘定科目との違いについて解説~
預り金とは~仕訳、納付、含まれるものについて~
仮払金とは~仕訳、会計処理の注意点、立替金との違いを解説~
仮受金の仕訳~不明なお金を受け取ったとき、内容が分かったとき~
商品券の仕訳~販売したとき、引き渡したときの会計処理~
有形固定資産とは?勘定科目や減価償却の方法をわかりやすく解説
有価証券の仕訳~株式や公社債の購入時、売却時の会計処理~
減価償却費の仕訳~直接法と間接法との違いについて~
伝票式会計とは~仕訳帳ではなく伝票で仕訳する会計処理~
仕訳日計表とは何か~伝票の集計と転記~
補助元帳と補助記入帳~お金の細かい流れを把握する~
小口現金出納帳への記入例~月末と月初に補給したとき~
現金出納帳とは何か~作成メリットと記載項目ついて解説します~
当座預金出納帳とは~当座借越の二勘定制の仕訳~
受取手形記入帳とは~振出人や期日などの細かい情報を記帳する~
支払手形記入帳とは~不渡手形を出さないために~
仕入帳とは~記帳例と必要な理由について~
売上帳とは何か~記帳例について解説~
商品有高帳とは~先入先出法と移動平均法での記帳~
売掛金元帳とは~売掛金の回収状況を把握する~
買掛金元帳(仕入先元帳)とは~買掛金の支払状況を管理する~
決算とは何か~手続きの流れ~
試算表とは~勘定の合計を集計した一覧表~
消耗品の仕訳~購入時と決算時の会計処理~
引出金とは~個人事業主が店舗や会社のお金を個人的に使う場合~
貸倒引当金とは?その目的、対象になる債権、処理や仕訳について解説
繰延べとは~前払費用と前受収益の仕訳~
見越しとは~未払費用と未収収益の仕訳、繰延べとの違い~
繰延資産とは?固定資産との違いや償却期間も解説
帳簿の締め切りとは~損益振替、資本振替、勘定の締切、繰越試算表の作成~
精算表とは何か~決算整理での必須の作業~
財務諸表の作り方~貸借対照表、損益計算書の作成~
消費税の仕訳~税込経理と税抜経理のメリットとデメリット~
年末調整の仕訳~還付、徴収、納付時の会計処理~
融資の保証料の仕訳~返金の有無による会計処理の違い~
保証金の仕訳~不動産を借りる時に支払う敷金などの会計処理~
個人所業主が所得税を源泉徴収された場合の仕訳~
給与計算の仕訳~支給、社会保険料、所得税、住民税を納めたとき~
ファクタリングの仕訳~会計処理や勘定科目を徹底解説~
建設業会計の特殊な勘定科目、仕訳のポイントを解説
クレジットカードの仕訳とは~経費をカード決済したときの会計処理~
総勘定元帳とは何か?仕訳帳との違い、作成目的、記載項目、作成方法について解説
建設仮勘定とは?仕訳方法、減価償却、消費税の取り扱い
車両運搬具とは~仕訳、適用範囲、減価償却について解説~
出資金とは何か?仕訳、メリットとデメリットについて解説
通知預金とは~仕訳、メリット、他の預金との違いを解説
為替差益とは~外貨建取引の会計処理や仕訳の方法について解説~
建物附属設備とは?減価償却資産の耐用年数、定額法と定率法を解説