繰延べとは~前払費用と前受収益の仕訳~

2018.02.13

費用と収益の繰延べ

当期の支払いや入金について処理しているものの中には、次期分に該当する費用や収益が含まれている場合があります。決算整理では、当期分に該当しない部分の費用(前払費用)と収益(前受収益)を、当期分の費用と収益が正確になるように修正します。今回は、この「繰延べ」について。

費用の繰延べとは?

当期に支払った費用に次期以降分も含まれている場合、決算時にその分を除く処理をします。これを「費用の繰延べ」といいます。

費用の繰延べの仕訳

たとえば次期にまたがる期間の保険料を支払う場合は、以下の通りに仕訳します。

支払時

例)7月1日に、火災保険料1年分(7月~翌年6月分)12,000円を現金で支払った場合(※決算は年1回、12月31日とする)。

借方 貸方
支払保険料 12,000 現金 12,000

期中に1年の契約で支払う保険料は、次期以降分も含めた実際の支払い金額で費用計上します。

決算時

例)12月31日(期末)において、当期7月1日に支払った火災保険料から、未経過分を繰延べた場合。

借方 貸方
前払保険料 6,000 支払保険料 6,000

前払いしている次期以降の「支払保険料(費用)」分を、「前払費用勘定(資産)」に振替え、残高を当期分の金額に修正します。

12,000円÷12ヶ月=1,000円(1ヶ月分の保険料)

当期分(7月~12月分)6,000円、次期以降分(1月~6月分)6,000円

上記の計算により、当期の会計上の支払保険料(費用)の残高は、6,000円になります。

翌期の処理

例)1月1日に前期末に繰延べた火災保険料を再振替した場合。

借方 貸方
支払保険料 6,000 前払保険料 6,000

翌期の期首には、期末に繰延べた分を再度費用の勘定科目に戻し入れ、新しい期の費用として再振替仕訳を用いて計上します。

収益の繰延べとは?

当期に受け取った収益に次期以降分の収益が含まれている場合、決算時にその分を当期の収益から除く処理をします。これを「収益の繰延べ」といいます。

収益の繰延べの仕訳

収益の繰延べは、次期分を含めて受け取った金額にて処理します。

受取時

例)8月1日に、得意先から地代(土地の賃料)1年分(8月~翌年7月分)240,000円を現金で受け取った場合(※決算は年1回、12月31日とする)。

借方 貸方
現金 240,000 受取地代 240,000

期中に1年の契約で受け取る地代は、次期以降分も含めた実際の受取り金額で費用計上します。

決算時

例)12月31日(期末)において、当期7月1日に受け取った地代から、未経過分の繰延べを処理した場合。

借方 貸方
受取地代 140,000 前受地代 140,000

前受けしている次期以降分を「前受収益勘定(負債)」に振替え、「受取地代(収益)」の残高を当期分だけの金額に修正します。

240,000円÷12ヶ月=20,000円(1ヶ月分の地代)

当期分(8月~12月分)100,000円、次期以降分(1月~7月分)140,000円

これで当期の会計上の「受取地代(収益)」の残高は、140,000円になります。

翌期の処理(再振替仕訳)

例)1月1日に前期末から繰延べた地代を再振替した場合。

借方 貸方
前受地代 140,000 受取地代 140,000

翌期の期首には、期末に繰延べた分を再度収益の勘定科目に戻し入れ、新しい期の収益として計上します。

費用の繰延べには前払費用、収益の繰延べには前受収益

今回は、費用と収益の繰延べについて解説しました。保険料の前払いに対しては「前払保険料」、地代の前受けに対しては「前受地代」などを使って振替え処理をします。その他の費用を前払いした場合や、収益を前受けした場合は、前払費用や前受収益の勘定科目に具体的な費用名や収益名を入れてください。その際は「すでに支払っているもの」「すでに受け取っているもの」なので、費用名や収益名の頭に「前払~」「前受~」と記します。

無料の会計ソフト「フリーウェイ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

簿記の基礎知識が経営に役立つ理由とは?
仕訳とは何か?~複式簿記は難しくない~
勘定科目とは何か?~貸借と損益~
資金移動したときの仕訳~銀行口座間でお金を移した場合~
資本金の仕訳~会社設立時の会計処理について徹底解説!具体的な例や注意点のまとめ~
分記法の仕訳~商品を仕入れたとき、商品を売ったとき~
三分法の仕訳~商品を仕入れたとき、商品を販売したとき~
繰越商品を使った仕訳~期末棚卸~
買掛金とは~仕訳、回転率と回転期間、売掛金との違い~
売掛金の仕訳~掛取引で販売したときに発生する売掛債権の会計処理~
返品の仕訳~仕入戻しと売上戻りで使う勘定科目~
値引きの仕訳~仕入値引、売上値引の会計処理
諸掛とは何か~運送料などの仕訳について解説~
現金過不足とは?~帳簿上と実際の残高がズレた場合の仕訳~
小口現金とは?その仕組みと管理方法について
当座預金とは何か~普通預金の違い、手形の不渡りとの関係~
手形を裏書き(譲渡)とは~振り出したとき、受け取ったときの仕訳~
約束手形とは?~小切手との違い、支払手形と受取手形の仕訳~
手形割引とは~受け取ったときと割り引いたときの手数料の仕訳~
借入金とは~仕訳、種類、短期と長期、支払利息の計算~
貸付金とは~仕訳、短期と長期の違い、受取利息の計算方法~
未収金(未収入金)とは~仕訳、具体例、回収手段、管理方法~
未払金の仕訳~購入したときと支払ったとき~
前払金(前渡金)とは~仕訳、具体例、前払費用との違い
前受金とは~仕訳、消費税、会計処理の注意点を解説~
立替金とは~仕訳、混同しやすい勘定科目との違いについて解説~
預り金とは~仕訳、納付、含まれるものについて~
仮払金とは~仕訳、会計処理の注意点、立替金との違いを解説~
仮受金の仕訳~不明なお金を受け取ったとき、内容が分かったとき~
商品券の仕訳~販売したとき、引き渡したときの会計処理~
有形固定資産の会計処理~現金または小切手で購入したときの仕訳~
有価証券の仕訳~株式や公社債の購入時、売却時の会計処理~
減価償却費の仕訳~直接法と間接法との違いについて~
伝票式会計とは~仕訳帳ではなく伝票で仕訳する会計処理~
仕訳日計表とは何か~伝票の集計と転記~
補助元帳と補助記入帳~お金の細かい流れを把握する~
小口現金出納帳への記入例~月末と月初に補給したとき~
現金出納帳とは何か~作成メリットと記載項目ついて解説します~
当座預金出納帳とは~当座借越の二勘定制の仕訳~
受取手形記入帳とは~振出人や期日などの細かい情報を記帳する~
支払手形記入帳とは~不渡手形を出さないために~
仕入帳とは~記帳例と必要な理由について~
売上帳とは何か~記帳例について解説~
商品有高帳とは~先入先出法と移動平均法での記帳~
売掛金元帳とは~売掛金の回収状況を把握する~
買掛金元帳(仕入先元帳)とは~買掛金の支払状況を管理する~
決算とは何か~手続きの流れ~
試算表とは~勘定の合計を集計した一覧表~
消耗品の仕訳~購入時と決算時の会計処理~
引出金とは~個人事業主が店舗や会社のお金を個人的に使う場合~
貸倒引当金とは?その目的、対象になる債権、処理や仕訳について解説
繰延べとは~前払費用と前受収益の仕訳~
見越しとは~未払費用と未収収益の仕訳、繰延べとの違い~
繰延資産とは~会社設立や事業の開始準備の費用の処理~
帳簿の締め切りとは~損益振替、資本振替、勘定の締切、繰越試算表の作成~
精算表とは何か~決算整理での必須の作業~
財務諸表の作り方~貸借対照表、損益計算書の作成~
消費税の仕訳~税込経理と税抜経理のメリットとデメリット~
年末調整の仕訳~還付、徴収、納付時の会計処理~
融資の保証料の仕訳~返金の有無による会計処理の違い~
保証金の仕訳~不動産を借りる時に支払う敷金などの会計処理~
個人所業主が所得税を源泉徴収された場合の仕訳~
給与計算の仕訳~支給、社会保険料、所得税、住民税を納めたとき~
ファクタリングの仕訳~会計処理や勘定科目を徹底解説~
建設業会計の特殊な勘定科目、仕訳のポイントを解説
クレジットカードの仕訳とは~経費をカード決済したときの会計処理~
総勘定元帳とは何か?仕訳帳との違い、作成目的、記載項目、作成方法について解説
建設仮勘定とは?仕訳方法、減価償却、消費税の取り扱い
車両運搬具とは~仕訳、適用範囲、減価償却について解説~
出資金とは何か?仕訳、メリットとデメリットについて解説
通知預金とは?仕訳、メリットとデメリット、他の預金との違いを解説