値引きの仕訳(仕入値引・売上値引)

2017.08.21

値引の仕訳

今回は、値引の仕訳について。商品売買につきものなのが「値引き」です。仕入れた商品を値引きしてもらうことを「仕入値引」、販売した商品が値引きされることを「売上値引」と言います。当初の仕訳を逆仕訳するため、値引き用の勘定科目は使いません。それぞれの仕訳について学習しましょう。

仕入値引の仕訳

仕入先に値引きしてもらった場合、当初の値段よりも安く商品を仕入れたことになります。そのため、値引きされた金額分だけ、逆仕訳をします。具体的な仕訳は、以下のとおりです。

例)10,000円で仕入れた商品のうち、1,000円の値引きをしてもらった場合

商品を掛けで仕入れたときの仕訳

借方 貸方
仕入 10,000円 買掛金 10,000円

商品を値引きしてもらったとき(仕入値引)の仕訳

借方 貸方
買掛金 1,000円 仕入 1,000円

仕入れた商品を値引いてもらったことで、仕入(費用)が減少し、同時に将来に支払うはずだった買掛金(負債)も減少したことになります。

売上値引の仕訳

仕入戻しと同様の考え方で、取引を取り消す処理をします。具体的な仕訳は、以下のとおりです。

例)10,000円で販売した商品を1,000円値引した場合

商品を販売したときの仕訳

借方 貸方
売掛金 10,000円 売上 10,000円

商品を値引したとき(売上値引)の仕訳

借方 貸方
売上 1,000円 売掛金 1,000円

販売した商品を値引したことで、将来に受け取るはずの売掛金(資産)が減少し、売上(収益)も減少したことになります。

まとめ

今回は、販売した商品を値引きされたとき(売上値引)、仕入れた商品を値引きしてもらったとき(仕入値引)の仕訳を紹介しました。値引きの仕訳と似ているのが、返品の仕訳です。あわせて理解しておくようにしましょう。

関連記事

keiri_rectangle

このエントリーをはてなブックマークに追加