分記法の仕訳

分記法は、商品売買取引の仕訳方法の1つです。商品売買において「商品」という資産の勘定科目と、「商品売買益」という収益の勘定で仕訳します。仕入や売上の勘定を使用しません。商品を仕入れたときは手元に売物が増えますので、商品の原価を借方に書きます。反対に商品を売ったときは、その商品の原価と、売価と原価との差額である商品売買益を貸方に記入します。※2017年6月28日に公開

商品を仕入れたときの仕訳(分記法)

例)300円で商品を仕入れた

借方 貸方
商品 300円 現金 300円

商品を売ったときの仕訳(分記法)

例)300円で仕入れた商品を500円で売った

借方 貸方
現金 500円 商品 300円
商品売買益 200円

上記のように300円で仕入れた商品を500円で販売したことにより、200円の商品販売益、つまり“儲け”が出ました。分記法では、商品の購入と販売による増減によって、儲けがいくら出るのかを確認できます。

まとめ

分記法は商品の勘定が基準です。「商品の仕入値、売値、その差額(儲け)はいくらか」という内容を押さえていれば、簡単に仕訳できます。ただし、実務的には「三分法」の方が利用されています。

関連記事

分記法について学んだら、永久無料の会計ソフト「フリーウェイ経理Lite」がおすすめです。Windowsのパソコンがあれば、ずっと無料で使える会計ソフトです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
簿記の基礎知識が経営に役立つ理由とは?
仕訳とは何か?
勘定科目
分記法の仕訳
三分法の仕訳
繰越商品を使った仕訳(期末棚卸)
買掛金
売掛金
返品の仕訳(仕入戻し・売上戻り)
値引きの仕訳(仕入値引・売上値引)
諸掛とは?(売上諸掛と仕入諸掛)
現金過不足
小口現金の仕組みと管理方法とは?
約束手形(支払手形・受取手形の仕訳)
手形を裏書き(譲渡)する仕訳
手形割引の仕訳
借入金と支払利息の仕訳
貸付金と受取利息の仕訳
未収金の仕訳
未払金の仕訳
前払金の仕訳
前受金の仕訳
立替金の仕訳
預り金とは
仮払金
仮受金
商品券(他店商品券)の仕訳
有形固定資産
有価証券の仕訳
資本金
減価償却の仕訳(直接法と間接法)
伝票式会計
仕訳日計表と総勘定元帳
補助元帳と補助記入帳
小口現金出納帳の記帳方法
現金出納帳の記帳
当座預金出納帳の記帳
受取手形記入帳とは
支払手形記入帳とは
「仕入帳」を使って仕入の詳細を記帳する
「売上帳」で売上の詳細を把握する