棚卸資産とは何か~評価方法の種類~

棚卸資産

多くの企業では、原価の大小にかかわらず在庫を保有しています。在庫は期末に棚卸資産として評価額を定めますが、棚卸資産の評価額をどのように決めているか正確に把握していない人も多いのではないでしょうか。ここでは、棚卸資産の概要と、評価方法、評価の届出などについてお伝えします。棚卸資産は、利益にも影響する重要なものですので、しっかりと理解しておきましょう。※2019年9月17日に更新

棚卸資産とは

棚卸資産とは、いわゆる「在庫」のことを指します。そのため、小売業であれば「商品」などになりますし、製造業であれば「原材料」や「仕掛品、半製品、製品」などになるでしょう。 事業で取り扱うものが土地や建物など不動産になれば、販売前で保有する土地や建物も「在庫」となるため、住宅販売会社が保有する自社土地などが棚卸資産となります。

棚卸業務とは

棚卸業務とは、全ての在庫を確認する業務のことです。抱えている棚卸資産は、決算のときに一覧で提出することになっており、正確な数、評価額を表記しなければなりません。また、評価額は貸借対照表に記載されます。商品や製品を多数そろえている小売業や製造業は、正確な数を把握するために、棚卸業務というチェック作業が必要になります。

棚卸資産の評価方法の種類

棚卸資産は、保有する数と共に評価額も計算しなければなりません。その評価方法は、大きく分けて5つあります。製品や商品など在庫を保有する企業は、棚卸資産の評価額が貸借対照表に記載されますので、自社に合う最適な方法を選択するようにしましょう。

  • 個別法

    個別法は、仕入をしたときの価額で評価する方法です。仕入先から購入したときの原価をそのまま評価額にするもので、ひとつの在庫品の原価がある程度の大きいものや、数が大量ではないものなどに向いている方法です。棚卸資産をしっかりと把握できる範囲内であれば適しているでしょう。

  • 先入先出法

    先入先出法は、最初に仕入れたものから順に販売している(製造に使われている)という考え方の方法です。棚卸資産になるものは、新しいものが残されているという認識ですので、継続的に安定した原価で仕入と販売(製造)を繰り返している場合に適している方法といえます。

  • 後入先出法

    先入先出法とは反対に、後に仕入れたものから出ていくという考え方ですが、2009年からは評価方法としては廃止されています。

  • 平均原価法(総平均法と移動平均法)

    平均原価法とは、棚卸資産となる材料、商品などの原価を平均して評価額とする方法です。「総平均法」と「移動平均法」があり、総平均法は何年までなど一定期間を設けて、期間ごとの平均原価を計算し、総平均原価を計算します。また、移動平均法は、在庫が移動するたびに平均原価を計算する方法で、評価額を知りたいタイミングにすぐ評価額がわかりますが、日々の管理で手間がかかります。

  • 売価還元法

    売価還元法とは、異なる商品(製品)などの棚卸資産をグループに分類し、加重平均をする方法です。在庫品が多い小売業などで、管理業務の負担を減らせるメリットがあります。 ※計算式:期末在庫棚卸高×原価率=期末在庫高

  • 最終取得原価法

    最終取得原価法とは、期末に最も近い仕入価格を基にして評価額を出す方法です。長い期間で価格の変動が大きい場合は適していませんが、期末に偏って仕入をしたときなどに適しています。

仕入税額控除

棚卸資産の評価方法は届出る

棚卸資産の評価方法に何を選択したのか、企業は所轄の税務署に対して届け出をする必要があります。届け出期間は、一般法人であれば、設立後の第1期の確定申告提出までとなります。(合併により設立された法人で仮決算をした場合の中間申告をするときは、その中間申告の提出まで。)

※届け出なかった場合

なお、届け出がない時は、法定評価方法となる「最終仕入原価方法」が選択されます。また、届け出た評価方法以外で確定申告を提出した場合も、法定評価の「最終仕入原価方法」で評価されることがあります 。

関連記事

keiri_rectangle

このエントリーをはてなブックマークに追加
そもそも、会計とは何か?
経理とは何か?~会社の意思決定を助ける重要な役割~
管理会計と制度会計の違いとは?
法人税等とは何か~含まれるもの、申告、仕訳~
粉飾決算すると何が問題なの?
税効果会計の「一時差異」と「永久差異」
粗利(売上総利益)とは何か~計算方法と売上原価との関係~
営業利益と経常利益の違い~本業と事業全体の利益~
特別利益と特別損失とは~金額が大きくても問題はない?~
決算書とは何か~業績報告、与信管理、税金の申告で使われる~
貸借対照表とは~財政状況が分かる見方について解説~
資産とは何か~流動、固定、繰延の違い~
負債とは何か~流動と固定、有利子と無利子の違い~
純資産とは何か~株主資本、評価・換算差額等、新株予約権~
損益計算書の見方を知ろう!基本的な内容から活用方法まで紹介
キャッシュフロー計算書とは~読み方、分析する方法、直接法と間接法の違いについて解説~
個別注記表とは~必要な理由と注記事項~
株主資本等変動計算書とは何か~項目ごとの記載方法~
附属明細表(附属明細書)とは~役割と種類~
減価償却で固定資産を費用にする~定額法と定率法~
のれんとは、目に見えない資産価値のこと
製造原価報告書とは~項目と計算方法について~
当期純利益とは~計算式と分かること~
租税公課とは何か~対象になるもの、ならないもの~
交際費とは~損金算入できる条件~
役員報酬とは~経費になるのは、定期同額給与、事前確定届出給与、利益連動給与~
法定福利費とは~福利厚生費との違い~
人件費とは何か~雇用によって発生する費用~
会議費とは~5,000円の基準は税抜?~
債務超過とは~倒産との関係、解消する方法、予防策について~
現金主義とは~メリット、発生主義との違いを実際に計算~
修繕費と資本的支出の見分け方
黒字倒産とは?大切なのは現金です
税務調査とは何なのか?もしもに備えて必ず知っておきたいこと
トランザクションレンディングのメリット
ソーシャルレンディングとは何なのか?
ブロックチェーンの仕組み
ビットコイン(Bitcoin)
クラウドファンディングの種類~投資タイプと非投資タイプの特徴まとめ~
クラウドファンディングの会計処理~3つの注意点~
税理士とは~3つの独占業務と依頼できる仕事~
破産と倒産の違いとは何か?
青色申告とは何か?~すべての人が知っておくべき基礎知識~
白色申告って誰がするの?申告が必要なケースとメリット・デメリットを知る
事業所得とは?他の所得との違いと申告のメリット
雑所得とは?サラリーマンの副収入は?
不動産所得とは何か~計算方法、確定申告時の注意点~
譲渡所得とは何か~申告しないと損をする?~
配当所得とは~確定申告する理由~
インボイス方式(制度)とは~仕組みと開始時期~
棚卸資産とは何か~評価方法の種類~
e-Tax(イータックス)とは何か~利用方法とメリット~
eLTAX(エルタックス)とは何か~利用方法とメリット~
消費税とは~仕組み、申告と納税、課税対象の取引~
軽減税率とは?迷いやすいケースをQ&Aで解説!
免税事業者とは~消費税の請求、インボイス方式の影響~
簡易課税制度とは~適用条件、メリットとデメリットについて~
リースとは?~レンタルと割賦との違い~
寄付金とは~法人が寄付したら節税できる?~
課税売上割合とは~計算方法、個別対応方式と一括比例配分方式について~