決算書(財務諸表・計算書類)

決算書とは、会社の「財政状態」、「経営成績」、「株主の持ち分(出資分と蓄積した利益)の変動」などを把握できる書類です。決算書というのは通称で、法律で定義されている名称は「財務諸表」や「計算書類」になります。※2017年12月11日に更新

決算書を作って開示する義務

すべての会社には、決算書を作る義務があります。有価証券報告書を提出する会社(上場企業など)が作成するのが「財務諸表」、それ以外の会社が作るのが「計算書類」です。

決算書は、作るだけでは終わりません。開示する義務があります。開示と言っても、一般に公開する義務があるのは「上場企業」や「大会社」など。多くの企業(中小企業など)は、税務署、一部の株主、債権者に開示する義務があるだけです。それも、「開示して」と要求されたら開示する場合と、税金の申告のように自ら開示する場合とがあります。

財務諸表とは

金融商品取引法で定められている決算書を「財務諸表」と呼びます。具体的には以下の書類です。

計算書類とは

会社法で規定されている決算書が「計算書類」です。以下の書類が含まれます。

  • 貸借対照表
  • 損益計算書
  • 株主資本等変動計算書
  • 個別注記表

※計算書類に、「事業報告」と「附属明細書(計算書類・事業報告)」まで含むと、「計算書類等」になります。

財務三表とは

決算書のうち代表的な3つを財務三表と呼びます。財務三表に含まれるのは、貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書です。ちなみに、キャッシュ・フロー計算書を作成する義務があるのは、有価証券報告書の提出義務がある会社(上場企業など)のみになります。

決算書は何に使われるのか

  • 経営者による株主への業績報告

    株主が経営者のみのようなオーナー経営をしている会社は別として、経営者は株主に対して業績を報告しなければなりません。多くの会社では年に一回、株主総会を開催して株主を集めて、その場で経営者などが説明します。そのときの資料に決算書を使います。ただし、決算書だけでは分からない内容もあるため、あくまで資料の一部です。

  • 与信管理

    与信管理の例として、銀行による融資審査と、得意先の信用調査を挙げます。

    銀行からお金を借りる場合、決算書の提出を求められます。その内容を銀行が審査して、融資できるか否かを決定します。ただし、この場合の決算書は、後述する決算報告書、法人税申告書、勘定科目内訳明細書のセットを指すことも多いため、銀行から決算書の提出を求められた場合には注意しましょう。

    得意先の信用調査にも決算書を使います。その得意先と取引を開始しても問題ないのかを判断する際の情報源です。有価証券報告書を提出している会社でない限りは、決算書は広く公開されていません。そういった得意先の信用調査をするときは、調査会社に依頼することもあります。

  • 税金の申告

    会社は、事業年度が終わってから2ヶ月以内に、法人税を確定申告しなければなりません。その際、決算書、内訳書、申告書を税務署に提出します。内訳書は、勘定科目内訳明細書のことで、決算書の勘定科目の明細書です。たとえば、売掛金について得意先ごとに残高を記載したりします。申告書は、法人税申告書のことです。なお、税務署に提出する場合は、決算書ではなく決算報告書といいます。

まとめ

今回は、決算書とは何か、財務諸表・計算書類・財務三表には何が含まれるのか、なぜ決算書を作らなければならないのかについて紹介しました。決算書の用途は大きく分けて3つあり、業績報告・与信管理・税金の申告です。個別の決算書については関連記事で解説していますので、そちらをご参考に。

関連記事

決算書について学んだら、永久無料の会計ソフト「フリーウェイ経理Lite」がおすすめ。Windowsのパソコンがあれば、ずっと0円で使える経理ソフトです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
そもそも、会計とは何か?
経理とは何か?
管理会計と制度会計の違いとは?
法人税等って何?
粉飾決算すると何が問題なの?
税効果会計で「差異」を調整する
粗利(売上総利益)
営業利益と経常利益の違いとは?
特別利益と特別損失って何が特別なの?
決算書(財務諸表・計算書類)
貸借対照表の見方
資産とは何なのか?
負債とは何を意味するのか?
純資産とは何を意味するのか?
損益計算書の項目
キャッシュフロー計算書
個別注記表
株主資本等変動計算書
減価償却で固定資産を費用にする
繰延資産
貸倒引当金
のれん
製造原価報告書
当期純利益の求め方
租税公課とは何か
交際費は損金算入できない?
役員報酬は経費になる?
法定福利費と福利厚生費の違いとは?
人件費とは何か?
会議費は税抜経理がお得?
債務超過になったらすぐ倒産?
現金主義と発生主義のメリット
修繕費と資本的支出の見分け方