管理会計と制度会計の違いとは?

管理会計と制度会計

「そもそも、会計って何?」で、 会計はある種の「説明責任」だと書きました。今回は、説明を受ける側の視点も取り入れた、制度会計と管理会計の違いについて。※2018年3月12日に更新

なぜ、説明しなければならない?

たとえば株式会社の場合は、お金を出す人(株主)と,会社を経営する人が別です(所有と経営の分離)。別だということは、経営者は株主から「経営を任されている」ことになります。皆さんも、任された仕事があったら、その進捗や結果を報告しますよね。それと同じように、経営者は、自分の成績(会社の業績など)がどうだったのかを、株主に説明しなければならないわけです。

制度会計は義務

説明すれば何でもいい、ということではありません。株主は、投資先の業績が不振であれば株式を売却して、その資金で他の会社へ投資したいかもしれません。もし、会社ごとに業績説明の方法が異なったらどうでしょう?投資先を比較できなくなってしまいます。こういった場合に必要なのが制度会計です。制度会計は、会社の外部にいる利害関係者に説明するときに用いる会計を意味します。同じ条件の会社であれば、同じ制度に従わなければなりません。上場企業には上場企業の制度、中小企業には中小企業の制度がある、とイメージしておいてください。

制度会計は、財務会計と税務会計に分かれる

なお、制度会計は「財務会計」と「税務会計」に分かれており、それぞれ目的が異なります。財務会計の目的は会社外部の利害関係者への説明で、税務会計の目的は税金の申告です。その両者の違いを理解するよりも、もっと重要な「制度会計と管理会計の違い」を押さえましょう。

管理会計は義務ではない(でも重要)

会社の内部の人が意思決定をするときの参考にする会計を、管理会計と呼びます。基本的に内部の関係者のみが見るため、管理会計は制度に縛られない自由な会計です。実践するもしないも会社の判断ですから、必要ないと考えることもできます。しかし、管理会計は重要です。

管理会計は自社に最適化できる

もちろん、制度会計から得られる情報が意思決定に役立たないわけではありません。制度会計の問題は、すべての会社を一律で同じものとして扱っていることです。業種業態によっても会社は多種多様。会社の中の様々な立場の人が意思決定に携わります。経営者が求める情報と、部門長が欲しい情報は異なることも多々。そういった中で、自社の意思決定に最適な情報を集めるには、自由にカスタマイズできる「管理会計」が必要になるのです。

管理会計の分析は難しくない

「で、管理会計で何をすればいいの?」と思った皆さん、安心してください。管理会計には、すでに確立された分析手法が多数、存在します。しかも、難しい知識は必要なく、足し算、引き算、掛け算、割り算ができれば十分な分析方法が大多数です。知りたい情報に合った方法を活用して、管理会計に取り組んでみてください。

管理会計には目的が必要

管理会計は何もかも自由な分、明確な目的をもって取り組む必要があります。分析することが目的になるような事態は避けましょう。どういった意思決定なのか。誰が情報を必要としているのか、それによって分析内容も異なるかもしれません。

管理会計はPDCA

管理会計の分析は、社内の誰かの意思決定のために使われます。たとえば、海外への工場移転を検討している経営者がいるとします。その経営者は、設備投資した金額を何年で回収できるのかによって意思決定の内容を変えます。管理会計は、設備投資した資金の回収期間をシミュレーションした結果を経営者に提供します(ここまでがPlan)。そして、経営者は工場移転を決めて実行しました(Do)。その後の進捗が当初のシミュレーションどおりなのかを、また管理会計が教えてくれます(Check)。場合によっては、海外工場を閉鎖するといった意思決定を下すかもしれません(Action)。そういった判断をするときに、客観的な情報を出してくれるのが管理会計であり、管理会計はPDCAサイクルを回すことなのです。

まとめ

制度会計と管理会計の違いは、色んな点から説明できます。説明相手が社外なら制度会計、社内なら管理会計。制約があるのが制度会計、自由なのが管理会計。大切なのは、違いを知った上で使い分けることです。使い分けが不要であれば、制度会計だけで十分です。管理会計に取り組んでみたい方は、関連書籍または当ブログの関連記事を参考にしてみてください。たとえば、「財務分析とは何か」など。

関連記事

会計事務所が安心して使えるクラウド会計

このエントリーをはてなブックマークに追加
そもそも、会計とは何か?
経理とは何か?~会社の意思決定を助ける重要な役割~
管理会計と制度会計の違いとは?
法人税等とは何か~含まれるもの、申告、仕訳~
粉飾決算すると何が問題なの?
税効果会計の「一時差異」と「永久差異」
粗利(売上総利益)とは何か~計算方法と売上原価との関係~
営業利益と経常利益の違い~本業と事業全体の利益~
特別利益と特別損失とは~金額が大きくても問題はない?~
決算書とは何か~業績報告、与信管理、税金の申告で使われる~
貸借対照表(B/S、バランスシート)の見方
資産とは何か~流動、固定、繰延の違い~
負債とは何か~流動と固定、有利子と無利子の違い~
純資産とは何か~株主資本、評価・換算差額等、新株予約権~
損益計算書の項目
キャッシュ・フロー計算書とは~直接法と間接法の違い~
個別注記表とは~必要な理由と注記事項~
株主資本等変動計算書とは何か~項目ごとの記載方法~
附属明細表(附属明細書)とは~役割と種類~
減価償却で固定資産を費用にする~定額法と定率法~
のれんとは、目に見えない資産価値のこと
製造原価報告書とは~項目と計算方法について~
当期純利益とは~計算式と分かること~
租税公課とは何か~対象になるもの、ならないもの~
交際費とは~損金算入できる条件~
役員報酬とは~経費になるのは、定期同額給与、事前確定届出給与、利益連動給与~
法定福利費とは~福利厚生費との違い~
人件費とは何か~雇用によって発生する費用~
会議費とは~5,000円の基準は税抜?~
債務超過とは?赤字になったらすぐ倒産?
現金主義とは~メリット、発生主義との違いを実際に計算~
修繕費と資本的支出の見分け方
黒字倒産とは?大切なのは現金です
税務調査とは何なのか?もしもに備えて必ず知っておきたいこと
トランザクションレンディングのメリット
ソーシャルレンディングとは何なのか?
ブロックチェーンの仕組み
ビットコイン(Bitcoin)
クラウドファンディングの種類~投資タイプと非投資タイプの特徴まとめ~
クラウドファンディングの会計処理~3つの注意点~
税理士とは~3つの独占業務と依頼できる仕事~
破産と倒産の違いとは何か?
青色申告とは何か?~すべての人が知っておくべき基礎知識~
白色申告って誰がするの?申告が必要なケースとメリット・デメリットを知る
事業所得とは?他の所得との違いと申告のメリット
雑所得とは?サラリーマンの副収入は?
不動産所得とは何か~計算方法、確定申告時の注意点~
譲渡所得とは何か~申告しないと損をする?~
配当所得とは~確定申告する理由~
インボイス方式(制度)とは~仕組みと開始時期~
棚卸資産とは何か~評価方法の種類~
e-Tax(イータックス)とは何か~利用方法とメリット~
eLTAX(エルタックス)とは何か~利用方法とメリット~
消費税とは~仕組み、申告と納税、課税対象の取引~
軽減税率とは?迷いやすいケースをQ&Aで解説!
免税事業者とは~消費税の請求、インボイス方式の影響~
簡易課税制度とは~適用条件、メリットとデメリットについて~
リースとは?~レンタルと割賦との違い~
寄付金とは~法人が寄付したら節税できる?~
課税売上割合とは~計算方法、個別対応方式と一括比例配分方式について~