会議費とは~5,000円の基準は税抜?~

会議費

会議費とは、業務に関連する打ち合わせなどにあたり発生する費用のことです。従業員同士や取引先、社内外は問いません。会議費は、損益計算書勘定科目です。※2018年3月12日に更新

会議費と交際費の違いは?

会議費と混同しやすいものに、交際費があります。特に飲食代については、どちらの勘定科目に仕訳するのが正しいのか、判断が難しいケースがあるかもしれません。しかし、交際費は一定要件を満たさない限り、原則的に経費としては認められないため、勘定科目を明確に区分する必要があります。

5,000円以下の飲食代は会議費として処理する

ここで一つの基準になるのが、「5,000円以下の飲食代」です。取引先との飲食代は、金額が1人あたり5,000円以下の場合は税務上「交際費等」とはみなされず、会議費として処理することになっています。ただし、1人あたり5,000円以下の飲食代を会議費とするためには、次に挙げる5つの点を明らかにしなければなりません。

  • 飲食が行われた年月日
  • 飲食にかかった金額、利用した飲食店の名称と住所
  • 取引先の名称と自社との関係
  • 全体の参加人数
  • その他、参考になる項目

1人あたり5,000円以内に収まっているかどうかは、上記の情報をもとに判断されます。極端な例ですが、1人だけが大量に飲食をし、他の人がほとんど料理や飲み物を注文しなかったとしても、飲食代の総額を参加人数で割った金額が5,000円以下であれば、要件を満たしていると言えます。

5,000円は税抜?税込?

1人あたり5,000円は、消費税抜きの金額なのでしょうか。それとも、消費税込みなのでしょうか。その判断は、会社の経理方式によって異なります。税抜経理であれば税抜5,000円(税込5,400円)になり、税込経理なら税抜4,629円※(税込5,000円)です。この点だけで考えると、税抜経理の方がお得ですね。※5,000÷1.08(1円未満を切り捨て)

社内の飲み会は会議費ではない

社内の従業員だけで開催される飲み会において、1人5,000円以下の飲食代が発生しても会議費にはなりません。この場合は金額に関わらず、交際費や福利厚生費として処理します。

会議費の例

  • 貸し会議室やホールなどの会場利用料
  • 会議で使用するプロジェクターのレンタル代
  • 会議中に提供する弁当やコーヒーなどの飲食代
  • 会議資料を作成するのにかかる費用
  • 取引先との商談にかかる費用
  • 遠方で会議を行う際の宿泊費

このように、業務上必要とされる会議や打ち合わせにかかる費用は、会議費として処理します。飲食代に金額に規定はありませんが、社会通念上、1人あたり3,000円程度と考えるのが妥当でしょう。

会議や打ち合わせの場所の条件は?

会議や打ち合わせ場所について、望ましいのは社内の会議室や貸し会議室、ホールなどです。喫茶店やレストランなどで行われた場合の飲食代も会議費の対象になりえます。ただし、お酒の提供が前提となる場所(特にバーやクラブ)での飲食代は、業務上の打ち合わせの場所として適切ではないことから、会議費として認められない可能性があります。

まとめ

  • 会議費とは業務上、必要な打ち合わせを行う際にかかる費用のことである。
  • 社外との飲食代は1人5,000円以下であれば会議費として処理できる。
  • 社内の飲み会で発生した飲食代は1人5,000円以下でも会議費にはならない。

関連記事

会議費について学んだら、永久無料の会計ソフト「フリーウェイ経理Lite」がおすすめ。Windowsのパソコンがあれば、ずっと0円で使える経理ソフトです。

会計事務所が安心して使えるクラウド会計

このエントリーをはてなブックマークに追加
そもそも、会計とは何か?
経理とは何か?~会社の意思決定を助ける重要な役割~
管理会計と制度会計の違いとは?
法人税等とは何か~含まれるもの、申告、仕訳~
粉飾決算すると何が問題なの?
税効果会計の「一時差異」と「永久差異」
粗利(売上総利益)とは何か~計算方法と売上原価との関係~
営業利益と経常利益の違いとは~計算方法と算出例~
特別利益と特別損失とは~金額が大きくても問題はない?~
決算書とは何か~業績報告、与信管理、税金の申告で使われる~
貸借対照表(B/S、バランスシート)の見方
資産とは何か~流動、固定、繰延の違い~
負債とは何か~流動と固定、有利子と無利子の違い~
純資産とは何か~株主資本、評価・換算差額等、新株予約権~
損益計算書の項目
キャッシュ・フロー計算書とは~直接法と間接法の違い~
個別注記表とは~必要な理由と注記事項~
株主資本等変動計算書とは何か~項目ごとの記載方法~
附属明細表(附属明細書)とは~役割と種類~
減価償却で固定資産を費用にする~定額法と定率法~
のれんとは、目に見えない資産価値のこと
製造原価報告書とは~項目と計算方法について~
当期純利益とは~計算式と分かること~
租税公課とは何か~対象になるもの、ならないもの~
交際費とは~損金算入できる条件~
役員報酬とは~経費になるのは、定期同額給与、事前確定届出給与、利益連動給与~
法定福利費とは~福利厚生費との違い~
人件費とは何か~雇用によって発生する費用~
会議費とは~5,000円の基準は税抜?~
債務超過とは?赤字になったらすぐ倒産?
現金主義とは~発生主義との違い~
修繕費と資本的支出の見分け方
黒字倒産とは?大切なのは現金です
税務調査とは何なのか?もしもに備えて必ず知っておきたいこと
トランザクションレンディングのメリット
ソーシャルレンディングとは何なのか?
ブロックチェーンの仕組み
ビットコイン(Bitcoin)
クラウドファンディングの種類~投資タイプと非投資タイプの特徴まとめ~
クラウドファンディングの会計処理~3つの注意点~
税理士とは~3つの独占業務と依頼できる仕事~
破産と倒産の違いとは何か?
青色申告とは何か?~すべての人が知っておくべき基礎知識~
白色申告って誰がするの?申告が必要なケースとメリット・デメリットを知る
事業所得とは?他の所得との違いと申告のメリット
雑所得とは?サラリーマンの副収入は?
不動産所得とは何か~計算方法、確定申告時の注意点~
譲渡所得とは何か~申告しないと損をする?~
配当所得とは~確定申告する理由~
インボイス方式(制度)とは~仕組みと開始時期~
棚卸資産とは何か~評価方法の種類~
e-Tax(イータックス)とは何か~利用方法とメリット~
eLTAX(エルタックス)とは何か~利用方法とメリット~
消費税とは~仕組み、申告と納税、課税対象の取引~
軽減税率とは?迷いやすいケースをQ&Aで解説!
免税事業者とは~消費税の請求、インボイス方式の影響~
簡易課税制度とは~適用条件、メリットとデメリットについて~
リースとは?~レンタルと割賦との違い~
寄付金とは~法人が寄付したら節税できる?~
課税売上割合とは~計算方法、個別対応方式と一括比例配分方式について~