資産とは何なのか?

資産(総資産)とは、会社が保有する全財産のことです。現金、預金、株式や、土地、自社ビル、社用車、商品、設備、債権などはすべて資産に該当します。資産は、貸借対照表では左側に記載され、「流動資産」、「固定資産」、「繰延資産」の3つに大きく分かれます。 ※2017年11月27日に更新

流動資産

流動資産とは、 短期間に出入りする資産です。通常、1年以内に現金化できる資産のことを流動資産と呼びます。現金そのものや、普通預金、当座預金、有価証券受取手形売掛金などのほか、商品や製品や原材料、未収金前払金立替金仮払金などが流動資産に該当します。

固定資産

固定資産とは、 長期間において出入りがない資産です。 通常、1年を超えて現金化されず、長期にわたって使われ続ける資産のことを固定資産といいます。土地や建物、設備などのほか、営業権、商標権、著作権などが固定資産に該当します。なお、固定資産はさらに、「有形固定資産」「無形固定資産」「投資その他の資産」の3つに分けられます。

  • 有形固定資産

    土地、建物、機械、器具、車両など目に見える形のある資産

  • 無形固定資産

    営業権、商標権、借地権など、目に見えない資産

  • 投資その他の資産

    投資有価証券、出資金、敷金、保証金など、有形固定資産にも無形固定資産にも該当しない資産

繰延資産

繰延資産とは、本来は費用なものの、いったん資産に計上された後、数年間にわたって償却される費用のことです。開業のためにかかった開業費や、社債発行のためにかかった社債発行費などは繰延資産に該当します。

資産の部とは?

「資産」は「負債」と「純資産」とともに、貸借対照表を構成する要素の一つであり、貸借対照表における左側(借方)は「資産の部」と呼ばれます。資産の部は、会社が調達した資金の使い方を示しています。資産の部を見れば、貸方で調達した資金の、ある時点での運用形態を把握できるのです。

なお、資産の部においては、現金化が容易なものから順に上から記載していくことになっています。そのため、固定資産より流動資産が上に記載されます。

まとめ

  • 資産とは、会社が保有する財産のことである。
  • 資産の部とは、貸借対照表における左側(借方)の部分である。
  • 資産の部を見ると、会社が調達した資金をどのように使っているかが分かる。

関連記事

資産について学んだら、永久無料の会計ソフト「フリーウェイ経理Lite」がおすすめ。Windowsのパソコンがあれば、ずっと0円の経理ソフトです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
そもそも、会計とは何か?
経理とは何か?
管理会計と制度会計の違いとは?
法人税等って何?
粉飾決算すると何が問題なの?
税効果会計で「差異」を調整する
粗利(売上総利益)
営業利益と経常利益の違いとは?
特別利益と特別損失って何が特別なの?
決算書(財務諸表・計算書類)
貸借対照表の見方
資産とは何なのか?
負債とは何を意味するのか?
純資産とは何を意味するのか?
損益計算書の項目
キャッシュフロー計算書
個別注記表
株主資本等変動計算書
減価償却で固定資産を費用にする
繰延資産
貸倒引当金
のれん
製造原価報告書
当期純利益の求め方
租税公課とは何か
交際費は損金算入できない?
役員報酬は経費になる?
法定福利費と福利厚生費の違いとは?
人件費とは何か?
会議費は税抜経理がお得?
債務超過になったらすぐ倒産?
現金主義と発生主義のメリット
修繕費と資本的支出の見分け方