ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、「ブロック」と呼ばれるデータの単位を一定時間ごとに生成し、「チェーン」のように連結して保管するデータベースのことです。ブロックは、複数の「トランザクション」(取引データの履歴)をまとめたものです。ブロックチェーンは、仮想通貨「ビットコイン」の根幹をなす技術として、大きな注目を集めています。※2018年4月6日に公開

ブロックチェーンの3つのポイント

  • ブロックチェーンの最大の特徴は、分散型コンピュータネットワークで成り立っていることであり、それが既存システムとの最大の違いである。
  • ブロックチェーンは、仮想通貨「ビットコイン」の根幹をなす技術として注目を集めており、様々な分野・サービスでの応用が期待されている。
  • ブロックチェーンは、「データが改ざんされにくい」「システムがダウンしにくい」「低コストでサービスを実現できる」などのメリットがある。

ブロックチェーンの仕組み

既存システムとブロックチェーンの違いは、中央集権型なのか、分散型なのかで説明できます。

  • 既存システムは中央集権型

    既存の決済システム・取引システムでは、すべての取引を銀行やVISAなどの第三者機関を通して行う必要があります。第三者機関が中央集権として巨大なコンピューターで取引データを一元管理していることから、「中央集権型システム」と言われます。

  • ブロックチェーンは分散型

    ブロックチェーンの最大の特徴は、分散型のコンピューターネットワークで成り立っていることです。ブロックチェーンには取引データの管理者がいません。取引データは、特定のサーバーに書き込まれるのではなく、ネット上に保管され、すべてのユーザーが確認できる仕組みになっています。この特徴から、ブロックチェーンは「分散型システム」「分散型取引台帳」とも呼ばれます。

ブロックチェーンのメリット

ブロックチェーンは分散型のシステムであるがゆえに、以下のようなメリットがあります。

  • 大勢の利用者がデータを共有・監視しているため、改ざんやハッキングがされにくい。
  • 1箇所にデータを置いて一元管理しないため、システムがダウンしにくい。
  • 巨大なサーバーなどの投資がいらないため、低コストでサービスを実現できる。
  • 第三者機関を介さずに、ユーザー同士が自由に直接取引できる。

ブロックチェーンの可能性

今、ブロックチェーンは様々な分野・サービスでの応用が期待されています。「決済」だけでなく「契約」「証明」などにおいても、ブロックチェーンを使った新しいサービスが開発されようとしています。その代表例が国際送金です。現在は海外に送金する場合、海外の金融機関を介するため数千円程度の手数料がかかるほか、送金完了までに数日を要することもあります。しかし、国際送金にブロックチェーンを活用すれば、はるかに安い手数料で、いつでもすぐに送金できるようになります。

この記事は、永久無料の会計ソフト「フリーウェイ経理Lite」を提供している株式会社フリーウェイジャパンが制作しています。フリーウェイ経理Liteは、Windowsのパソコンがあれば、ずっと0円で使える経理ソフトです。興味のある方は、ぜひ利用してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
そもそも、会計とは何か?
経理とは何か?
管理会計と制度会計の違いとは?
法人税等って何?
粉飾決算すると何が問題なの?
税効果会計の「一時差異」と「永久差異」
粗利(売上総利益)
営業利益と経常利益の違いとは?
特別利益と特別損失って何が特別なの?
決算書とは何か?
貸借対照表の見方
資産とは何なのか?
負債とは何を意味するのか?
純資産とは何を意味するのか?
損益計算書の項目
キャッシュ・フロー計算書
個別注記表
株主資本等変動計算書
附属明細表(附属明細書)
減価償却で固定資産を費用にする
繰延資産
貸倒引当金
のれん
製造原価報告書
当期純利益の求め方
租税公課とは何か?
交際費は損金算入できない?
役員報酬は経費になる?
法定福利費と福利厚生費の違いとは?
人件費とは何か?
ひとり5,000円以下でも会議費にならない?
債務超過とは?赤字になったらすぐ倒産?
現金主義とは?発生主義との違いは何?
修繕費と資本的支出の見分け方
黒字倒産とは?大切なのは現金です
税務調査が入る前に必ず知っておきたいこと
トランザクションレンディングのメリット
ソーシャルレンディングとは何なのか?
ブロックチェーンの仕組み
ビットコイン(Bitcoin)とは何なのか
クラウドファンディングの種類