簿記の基礎知識が経営に役立つ理由とは?

簿記が必要になるのは、財務状況を正確に把握するためにも、日々の経済活動を帳簿に記入するためです。規模の大小問わず、お店や会社は、商品の売買だったり、金銭の貸し借りなどについて常に記録しておく必要があります。専任の経理担当者が在籍する企業であれば問題ありませんが、個人事業主の方や小売店を経営されている方の場合は、ご自身が片手間で管理しなければなりません。 そのときに、簿記の知識が必要になります。※2017年7月19日に更新

簿記の目的は「財政状態」と「経営成績」の把握

簿記とは、取引やお金の流れを「帳簿に記入すること」です。お店や会社はさまざまな経済活動を行っているので、その記録を怠ってしまうと「現状いくらお金があるのか」「どのくらいの儲けがあったのか」が分からなくなってしまいます。そのため、帳簿といういわば“お店や会社の家計簿”に一定のルールに従って経済活動を記録しておく必要があります。

簿記のゴールは決算書を作ること

簿記の主たる目的は、「現状いくらお金があるのか」「どのくらいの儲けがあったのか」を明らかにすること――つまり、決算書で「財政状態」と「経営成績」を明確に把握することだといえます。個人事業主の方や小売店の経営者の方は、税理士にすべてをお願いするケースを除けば、自分自身で日々の経済活動に関する記録・計算・整理をしなければならないのです。

便利な会計ソフトを使いこなすにも、簿記の知識が役立つ

最近は優れた会計ソフトも多くあり、それらのツールを活用することによって最低限の知識でも経理が行えるようになりました。しかし、簿記に関する基礎知識がないときちんとした運用ができないケースも多く、使える会計ソフトが“宝の持ち腐れ”になってしまうこともあるようです。きちんと経営管理するため、そして、便利な会計ツールを使いこなすためにも簿記の基礎知識を身につけることが大切です。今後も役立つ経理の知識を紹介していきますので、このブログを活用してください。

関連記事

簿記の基礎知識を活かすなら、永久無料の会計ソフト「フリーウェイ経理Lite」がおすすめ。Windowsのパソコンがあれば、ずっと無料で使える会計ソフトです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
簿記の基礎知識が経営に役立つ理由とは?
仕訳とは何か?
勘定科目
分記法の仕訳
三分法の仕訳
繰越商品を使った仕訳(期末棚卸)
買掛金
売掛金
返品の仕訳(仕入戻し・売上戻り)
値引きの仕訳(仕入値引・売上値引)
諸掛とは?(売上諸掛と仕入諸掛)
現金過不足
小口現金の仕組みと管理方法とは?
手形を裏書き(譲渡)する仕訳
約束手形(支払手形・受取手形の仕訳)
手形割引の仕訳
借入金と支払利息の仕訳
貸付金と受取利息の仕訳
未収金の仕訳
未払金の仕訳
前払金の仕訳
前受金の仕訳
立替金の仕訳
預り金とは
仮払金
仮受金
商品券(他店商品券)の仕訳
有形固定資産
有価証券の仕訳
資本金
減価償却の仕訳(直接法と間接法)
伝票式会計
仕訳日計表と総勘定元帳
補助元帳と補助記入帳
小口現金出納帳の記帳方法
現金出納帳の記帳
当座預金出納帳の記帳
受取手形記入帳とは
支払手形記入帳とは
「仕入帳」を使って仕入の詳細を記帳する
「売上帳」で売上の詳細を把握する
商品有高帳
売掛金元帳(得意先元帳、得意先帳簿)
買掛金元帳(仕入先元帳)
決算とは何か?
試算表とは