ファイナンスとは

ファイナンスとは、会社が事業のための資金を調達・運用することです。ファイナンスの目的は企業価値を向上させることであり、会社は株式や社債などから最適な手段を選び、調達した資金の最大化を目指します。ファイナンスは、「エクイティ・ファイナンス」と「デット・ファイナンス」の2つに分類されます。※2017年9月4日に更新

エクイティ・ファイナンスとは

エクイティとは、総資産から負債を差し引いた純資産のことです。エクイティ・ファイナンスとは、新株の公募、株主割当、第三者割当、新株予約権付社債の発行などによって資金を調達する方法で、自己資本(純資産)が増加するのがその特徴です。エクイティ・ファイナンスは調達した資金を返済する義務はありませんが、配当などの株主資本コストがかかります。

デット・ファイナンスとは

デットとは、負債のことです。デット・ファイナンスは、銀行から借入れをしたり社債を発行したりすることで資金を調達する方法で、他人資本(負債)が増加するのがその特徴です。デット・ファイナンスは金利が発生し、返済義務もあります。

ファイナンスとアカウンティングの違い

ファイナンスを説明するとき、よく比較されるのが「アカウンティング」です。ファイナンスは「財務」、アカウンティングは「会計」ですが、両者の違いは以下のように説明されます。

  • アカウンティングでは利益を、ファイナンスでは現金を扱う

    アカウンティングでは利益を扱います。一方で、ファイナンスでは現金を扱います。会社の使命は利益を創出することであり、利益を出せない会社に存在価値はありません。とはいえ、利益を追求するだけは会社経営は成り立たず、手元にキャッシュがあることも重要です。なぜなら、会社が倒産するのは赤字になるからではなく、手元に現金がなくなり支払いができなくなるからです。

  • アカウンティングは過去を、ファイナンスは未来を対象にする

    アカウンティングでは過去の利益を扱います。損益計算書貸借対照表などの決算書に記載された数字は、過去の決算日における情報です。アカウンティングは、確定した過去の利益を対象にしているといえます。もちろん、過去を振り返るだけでは会社経営は成り立たず、新たな投資をして将来の収益を生み出す必要があります。そのときに用いるのがファイナンスです。つまり、ファイナンスは不確定な未来の現金を対象にしているといえるでしょう。

まとめ

  • ファイナンスとは、会社が事業のための資金を調達・運用することで、企業価値の向上を目的としている。
  • ファイナンスは、「エクイティ・ファイナンス」と「デット・ファイナンス」の2つに分類される。
  • ファイナンス(財務)は未来の現金を扱い、アカウンティング(会計)は過去の利益を扱う。

関連記事

ファイナンスについて学んだら、永久無料の会計ソフト「フリーウェイ経理Lite」がおすすめ。Windowsのパソコンがあれば、ずっと0円の経理ソフトです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
ファイナンスとは
企業価値とは何か
財務分析とは何か
流動比率
当座比率
固定比率
固定長期適合率
自己資本比率が100%なら優良企業?
負債比率
手元流動性比率
損益分岐点
安全余裕率と損益分岐点比率
固定費と変動費の違いとは?
限界利益率の計算方法
ROA(総資産利益率)
自己資本利益率(ROE:Return on Equity)
付加価値、付加価値率、付加価値生産性
労働分配率の計算式と適正な数値
設備生産性
労働装備率
財務レバレッジ
株価収益率(PER:Price Earnings Ratio)
PBR(株価純資産倍率)
1株当たり利益(EPS:Earnings Per Share)
1株当たり純資産(BPS:Book Value Per Share)
配当性向
DCF
フリーキャッシュフロー
資本コスト