特別利益と特別損失って何が特別なの?

今回は、決算書の1つである損益計算書の項目の中から、「特別利益」と「特別損失」を紹介します。ご存知のとおり、「経常利益」に特別利益を足して特別損失を引くと、税引前当期純利益を計算できます。では、特別とは何なのでしょうか?※2017年7月25日に更新

特別利益とは

特別利益とは、企業の通常の経営活動とは直接関わりのない、その期だけ特別な要因によって発生した利益のことです。経常利益と一緒にしてしまうと企業の収益力が過大に評価されてしまうおそれがあるため、経常利益と特別利益は別の区分とされています。

特別利益が大きくても評価されない

特別利益はあくまで当期だけの利益であり、翌期以降はまず発生しないと考えられます。そのため、特別利益として大きな金額が計上されていたとしても、それのみによって金融機関などに好印象を与えることは期待できません。

特別利益に該当するか否かは一律に判断できない

特別利益に該当するのは、会社にとって通常であれば発生しないような多額の項目です。それが特別利益に該当するかどうかは、臨時性と金額の大きさから個別に検討する必要があります。つまり、何が特別利益に該当するのかを一律に判断する基準はないのです。

特別利益の例

特別利益かどうかの絶対的な基準はありませんが、特別利益に挙げられる例を紹介しておきます。

  • 不動産などの固定資産売却益
  • 長期間保有している株式や証券売却による売却益
  • 引当金による戻入益
  • 債務免除による債務免除益
  • 前期の損益を修正することで発生した前期損益修正益

特別損失とは

特別損失とは、企業の通常の経営活動では発生しない、その期だけ例外的に発生した損失のことです。特別利益と同様に、特別損失に該当するかどうかについては一律に判断する基準がないため、臨時性と金額から個別に検討する必要があります。

特別損失が巨額でも信頼を失わない?

特別損失はあくまで当期だけの損失であり、翌期以降も継続的にこの損失が発生することはまずありません。そのため、特別損失として巨額の損失が計上されていても、それだけの理由で金融機関の信頼を失うことはないと考えられます。

特別損失の例

特別損失かどうかの基準はないものの、以下のような項目が特別損失として計上されています。

  • 不動産などの固定資産売却損や固定資産除去損
  • 長期間保有している株式や証券売却による売却損
  • 火災や自然災害、盗難などによる損失
  • 前期の損益を修正することで発生した前期損益修正損

特別損益とは?

経常損益が経常的に発生する損益であるのに対し、特別損益は、経常的には発生しない一過性の損益のことです。特別損益は、特別利益と特別損失の差額で求めます。特別損益は当期限りのものなので、単純に損益による評価をする際や将来予測をする際などは、特別損益を除外したうえで分析する必要があります。

まとめ

  • 特別利益とは、企業の通常の経営活動とは直接関わりのない、その期だけ特別な要因によって発生した利益のことである。
  • 特別損失とは、企業の通常の経営活動では発生しない、その期だけ例外的に発生した損失のことである。
  • 経常損益が経常的に発生する損益であるのに対し、特別損益は、経常的には発生しない一過性の損益のことで、特別利益と特別損失の差額で求められる。

関連記事

特別利益と特別損失を計算するなら、永久無料の会計ソフト「フリーウェイ経理Lite」がおすすめ。Windowsのパソコンがあれば、ずっと0円で使える会計ソフトです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
そもそも、会計とは何か?
経理とは何か?
管理会計と制度会計の違いとは?
法人税等って何?
粉飾決算すると何が問題なの?
税効果会計で「差異」を調整する
粗利(売上総利益)
営業利益と経常利益の違いとは?
特別利益と特別損失って何が特別なの?
決算書(財務諸表・計算書類)
貸借対照表の見方
資産とは何なのか?
負債とは何を意味するのか?
純資産とは何を意味するのか?
損益計算書の項目
キャッシュフロー計算書
個別注記表
株主資本等変動計算書
減価償却で固定資産を費用にする
繰延資産
貸倒引当金
のれん
製造原価報告書
当期純利益の求め方
租税公課の対象になるもの
交際費は損金算入できない?