負債比率

負債比率とは、財務分析の指標の中で、中長期的な安全性を測るときに使う指標です。負債比率は、自己資本に対する他人資本(負債)の割合を示しています。DEレシオ、レバレッジ比率、ギアリング比率とも呼ばれ、中長期的には安全性が高いといえます。自己資本比率とは反比例の関係にあり、以下の算式によって求められます。※2017年11月6日に更新

負債比率の計算式

負債比率(%) = 負債 ÷ 自己資本 × 100

※負債:返済義務のある資本。他人資本ともいう。

負債比率で何が分かる?

負債比率を見れば、負債の返済余力が分かります。一般的に負債比率が低いほど返済余力が高く、財務の安定性が高いと見ることができます。

負債比率の目安

業種などによっても異なりますが、負債比率が100%を下回っていると、中長期的な安全性(支払能力)が高いと言われています。

まとめ

  • 負債比率とは、自己資本に対する他人資本(負債)の割合を示す指標で、低いほど財務の安定性が高いと判断できる。
  • 負債比率(%) = 負債 ÷ 自己資本 × 100

関連記事

負債比率について学んだら、永久無料の会計ソフト「フリーウェイ経理Lite」がおすすめ。WIndowsのパソコンがあれば、ずっと0円の経理ソフトです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
財務分析とは何か
流動比率
当座比率
固定比率
固定長期適合率
自己資本比率が100%なら優良企業?
負債比率
手元流動性比率
損益分岐点
安全余裕率と損益分岐点比率
固定費と変動費の違いとは?
限界利益率の計算方法
ROA(総資産利益率)から何が分かる?
自己資本利益率(ROE:Return on Equity)
付加価値、付加価値率、付加価値生産性
労働分配率の計算式と適正な数値
設備生産性
労働装備率
財務レバレッジ
株価収益率(PER)の計算方法
PBR(株価純資産倍率)の目安
1株当たり利益(EPS:Earnings Per Share)
1株当たり純資産(BPS:Book Value Per Share)
配当性向は高いほど良い!?
企業価値とは何か
DCF法のメリットとデメリット
フリーキャッシュフロー
資本コスト
エクイティ・ファイナンスとデット・ファイナンス
埋没費用と機会費用のどちらを考える?