資本金

新しく会社を設立したり商売を始めたりする際には、元手となるお金が必要です。自分のお金として会社の経営や商売を円滑に進めるために用意したものを、「資本金」という科目で表します。※2017年5月5日に更新

資本金の重要性

資本金は会社の事業が始める際に用意した運転資金(自己資本)であり、会社の体力や大きさを示すものです。資本金の額が多いと会社の信用が上がり、銀行からお金を借りやすくなる場合があります。また、資本金の額は会社の信用度にも関係します。資本金が100万円の会社と1,000万円の会社があれば、後者の方が社会的信用が高いため、より大きな取引がしやすくなることがあるのです。

また、特定の事業を始めるために行政機関で手続きする「許認可」にも、資本金が関係してきます。たとえば、建設業や一般労働派遣事業を始めるには、それぞれ一定額の資本金が必要です。

資本金の処理

会社を設立するためには資本金が必要です。自分の個人的な資産と会社の資産を区別しなければなりません。経営者が必要な現金などを出資することを「元入れ」といいます。出資後の金は会社や店舗のものになるため、貸借対照表純資産である資本金として仕訳をする必要があります。

元入れ時の仕訳

元入れ時は経営する会社や店舗に出資しているため、現金が減ることになります。しかし、これは経営者側からみたもので、会社や店舗側はお金を受けているため現金が増えたと考え、貸方に資本金勘定を記入します。

例)元入れとして100,000円を現金で出資した場合

借方 貸方
現金 100,000円 資本金 100,000円

追加出資時の仕訳

会社や店舗をより大きくするために、個人の資産を追加することを「追加出資」といいます。追加出資により資本金が増えたと考え、貸方に資本金勘定を記入します。

例)100,000円を現金で追加出資した場合

借方 貸方
現金 100,000円 資本金 100,000円

事業や商売を始める前には資本金の仕組みを理解が必要

今回は、自分で商売を始める際や会社を立ち上げる際に必要な資本金について解説しました。以前の会社法では株式会社の設立に1,000万円、有限会社の設立に300万円の資本金が必要でしたが、新会社法の施行によって、会社設立の際に必要な最低資本制度が廃止されました。そのため現在では資本金1円からでも株式会社を設立できます。自己資金のみで起業しやすくなったということですね。

関連記事

資本金について学んだら、永久無料の会計ソフト「フリーウェイ経理Lite」がおすすめです


このエントリーをはてなブックマークに追加
簿記の基礎知識が経営に役立つ理由とは?
仕訳とは何か?
勘定科目
分記法の仕訳
三分法の仕訳
繰越商品を使った仕訳(期末棚卸)
買掛金
売掛金
返品の仕訳(仕入戻し・売上戻り)
値引きの仕訳(仕入値引・売上値引)
諸掛とは?(売上諸掛と仕入諸掛)
現金過不足
小口現金の仕組みと管理方法とは?
手形を裏書き(譲渡)する仕訳
約束手形(支払手形・受取手形の仕訳)
手形割引の仕訳
借入金と支払利息の仕訳
貸付金と受取利息の仕訳
未収金の仕訳
未払金の仕訳
前払金の仕訳
前受金の仕訳
立替金の仕訳
預り金とは
仮払金
仮受金
商品券(他店商品券)の仕訳
有形固定資産
有価証券の仕訳
資本金
減価償却の仕訳(直接法と間接法)
伝票式会計
仕訳日計表と総勘定元帳
補助元帳と補助記入帳
小口現金出納帳の記帳方法
現金出納帳の記帳
当座預金出納帳の記帳
受取手形記入帳とは
支払手形記入帳とは
「仕入帳」を使って仕入の詳細を記帳する
「売上帳」で売上の詳細を把握する
商品有高帳
売掛金元帳(得意先元帳、得意先帳簿)
買掛金元帳(仕入先元帳)