株価純資産倍率(PBR)

株価純資産倍率(PBR:Price Book-Value Ratio)とは、財務分析で企業の成長性を分析するの指標の一つであり、会社の純資産に対して株価が適当な水準であるのかを表す指標です。※2017年4月27日に更新

株価純資産倍率(PBR)の求め方

株価純資産倍率(PBR)(倍) = 株価 ÷ 1株あたり純資産(BPS)

株価純資産倍率(PBR)は、株価を1株あたりの純資産額で割って求めます。たとえば、株価が1000円で、1株あたり純資産(BPS)が800円の会社なら、PBRは1.25倍(1000円 ÷ 800円)となります。

株価純資産倍率(PBR)から分かること

株価純資産倍率(PBR)は、1株あたりの純資産に対して、何倍の株価で株が買われているかを表しています。PBRを見れば、会社の資産に対して株価が高いか安いかを判断できます。

株価純資産倍率(PBR)は1倍が基準

一般的な目安として、PBRが1倍以上なら割高で、1倍を割るようであれば割安であると考えられています。PBRが1倍ということは、株価と1株あたり純資産(BPS)が等しいということであり、その投資段階で会社が解散した場合、株主には投資額がそのまま戻ってくるということを表しています。

株価純資産倍率(PBR)は1倍割れの場合

PBRが1倍を割るということは株価がBPSを下回るということであり、理論上はあり得ないことですが、実際にはPBRが1倍割れしている会社はたくさんあります。PBRが1倍を下回る場合は、仮に投資段階で会社が解散した場合、投資額以上のお金が戻ってくる計算になります。

株価純資産倍率(PBR)は成長フェーズにより異なる

このようにPBRは1倍が基準になりますが、業種によって傾向が異なり、会社の成長フェーズによっても差が出てきます。たとえば、創業期の会社はPBRが高くなりやすい傾向にあります。創業期の会社の多くは借入れが多くなるため、負債比率が高くなり、純資産比率が低くなるケースが多々あります。そのため、PBRも高くなりがちです。

株価純資産倍率(PBR)と株価収益率(PER)の違い

株価が適正価格であるかどうかを判断するために、株価純資産倍率(PBR)とともに重視される指標として「株価収益率(PER)」という指標があります。PBRは会社の「資産」を基準に株価が適正価格かどうかを判断するものですが、PERは会社の「利益」を基準に判断します。PBRを重視する投資家は会社の資産を重視しており、PERを重視する投資家は会社の収益性に期待しているとも言えるでしょう。

まとめ

  • 株価純資産倍率(PBR:Price Book-Value Ratio)とは、企業の成長性分析の指標の一つであり、会社の資産に対して株価が適当な水準であるのかを表すものである。
  • PBRは以下の算式によって求める。

    株価純資産倍率(PBR)(倍) = 株価 ÷ 1株あたり純資産(BPS)

  • PBRが1倍であれば、その段階で会社が解散した場合、株主には投資額がそのまま戻ってくるということを表している。

関連記事

株価純資産倍率(PBR)について学んだら、永久無料の会計ソフト「フリーウェイ経理Lite」がおすすめです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
財務分析とは何か
流動比率
当座比率
固定比率
固定長期適合率
自己資本比率
負債比率
手元流動性比率
損益分岐点
安全余裕率と損益分岐点比率
固定費と変動費
限界利益
ROA(総資産利益率)
ROE(自己資本利益率)
付加価値
労働分配率
設備生産性
労働装備率
財務レバレッジ
株価収益率(PER)
株価純資産倍率(PBR)
1株あたり利益(EPS)
1株あたり純資産(BPS)
配当性向
DCF
フリーキャッシュフロー