財務レバレッジ

財務レバレッジとは、財務分析の収益性の指標の1つで、株主が出資した資金で、どれだけの資本を生み出したのかを表しています。※2017年5月1日に更新

財務レバレッジの求め方

財務レバレッジ(倍) = 総資本 ÷ 自己資本

会社が保有する資金は、資本金や利益など他者への返済義務がない「自己資本」と、借入金など返済義務がある「他人資本」があります。財務レバレッジは、自己資本と他人資本を合わせた総資本を自己資本で割って求めます。なお、財務レバレッジは、自己資本比率(自己資本 ÷ 総資本 × 100)の逆数でもあります。たとえば、総資本が1000万円で、自己資本が500万円の会社では、自己資本比率は50%、財務レバレッジは2倍となります。

財務レバレッジから何が分かる?

会社が投下する資金の源泉は、自己資本か他人資本かのいずれかです。財務レバレッジが1倍の会社は、完全自己資本運営ということになります。一方で、財務レバレッジが高い会社は、総資本に占める負債の割合が高いと言えます。では、財務レバレッジが1倍の会社は無借金経営だから優良で、財務レバレッジが高い会社は借金が多いから危険なのかと言えば、必ずしもそうではありません。会社を経営していくうえでは、借金をしてでも積極的に投資して利益をあげたほうが良いケースは多くあるからです。

「財務レバレッジを利かせる」とは?

他人資本をてこ(レバレッジ)のように活用した経営し、収益性を高めることを「財務レバレッジを利かせる」と言います。具体的には、以下のように比較することで、どちらが財務レバレッジが利いているかを分析できます。

  • A社…総資本3000万円、自己資本2500万円、負債500円 ⇒ 財務レバレッジ1.2倍
  • B社…総資本6000万円、自己資本2500万円、負債3500万円 ⇒ 財務レバレッジ2.4倍

この例では、A社もB社も自己資本は同じですが、B社のほうが財務レバレッジが高く、総資本が多くなっています。A社に比べB社は、負債を有効に活用して積極的に経営していると見ることができます。逆に財務レバレッジが低いA社は、他人資本をあまり使わずに比較的安全な経営をしていると見ることができます。財務レバレッジが低い会社は積極的な経営ができていない可能性がありますが、逆に、財務レバレッジが高すぎる会社は、自己資本が少なく借金過多になっており、倒産リスクが高いかもしれません。業種によって異なりますが、財務レバレッジは低すぎず高すぎず、ほど良い倍率であるのが理想的です。

まとめ

  • 財務レバレッジとは、株主が出資した資金で、どれだけの資本を生み出したのかを表す収益性の指標である。
  • 財務レバレッジは、以下の算式で求められる。
  • 財務レバレッジ(倍) = 総資本 ÷ 自己資本
  • 他人資本をてこ(レバレッジ)のように活用した経営を行い、収益性を高めることを「財務レバレッジを利かせる」と言う。

財務レバレッジについて学んだら、永久無料の会計ソフト「フリーウェイ経理Lite」がおすすめです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
財務分析とは何か
流動比率
当座比率
固定比率
固定長期適合率
自己資本比率が100%なら優良企業?
負債比率
手元流動性比率
損益分岐点
安全余裕率と損益分岐点比率
固定費と変動費の違いとは?
限界利益率の計算方法
ROA(総資産利益率)
自己資本利益率(ROE:Return on Equity)
付加価値、付加価値率、付加価値生産性
労働分配率の計算式と適正な数値
設備生産性
労働装備率
財務レバレッジ
株価収益率(PER:Price Earnings Ratio)
PBR(株価純資産倍率)
1株当たり利益(EPS:Earnings Per Share)
1株当たり純資産(BPS:Book Value Per Share)
配当性向
DCF
フリーキャッシュフロー
資本コスト