設備生産性

設備生産性(設備投資効率)とは、財務分析の生産性分析に用いられる指標の一つです。設備(有形固定資産)を用いてどれだけ付加価値を生み出しているのかを示す経営指標で、企業の設備投資の効率性を表す指標として主に業績評価に用いられるほか、金融機関の格付けなどにも利用されることがあります。※2017年9月6日に更新

設備生産性の求め方

設備生産性 = 付加価値 ÷ 有形固定資産

※付加価値:付加価値は、減価償却費を含む「粗付加価値」と、減価償却費を含まない「純付加価値」があり、ここでは「粗付加価値」を用いる。

設備生産性を改善する方法

設備生産性を向上させるには、付加価値を増加させるか、設備投資を削減して有形固定資産を必要最小限に抑える必要があります。

設備生産性と労働装備率との違い

労働装備率とは、従業員一人あたりの設備投資金額(有形固定資産)を示すもので、企業の技術水準や設備投資の合理性を分析するための指標です。労働装備率は、企業の機械化・オートメーション化の進み具合を表していますが、労働装備率を見ても設備が有効活用されているかどうかは分かりません。投資した設備が効率よく使用されているかどうかを判断するためには、設備生産性を分析する必要があるのです。

設備生産性と有形固定資産回転率との違い

有形固定資産回転率とは、土地、建物、設備などの有形固定資産の稼働状況を示すもので、一定期間で固定資産をどれだけ効率よく活用して、どれだけ売上に貢献したかを表す指標です。有形固定資産回転率の求め方は以下のとおりです。

有形固定資産回転率(回) = 売上高 ÷ 有形固定資産

有形固定資産回転率が高ければ、有形固定資産がしっかり稼働しているということです。しかし、だからと言って利益を生み出しているという判断はできません。企業が設備を活用して付加価値を生み出せているかどうかを判断するためには、設備生産性を分析する必要があります。

まとめ

  • 設備生産性(設備投資効率)は、企業の生産性分析に用いられる指標の一つで、設備(有形固定資産)を用いてどれだけ付加価値を生み出しているのかを示すものである。
  • 設備生産性は以下の算式によって求められる。

    設備生産性 = 付加価値 ÷ 有形固定資産

  • 設備生産性を向上させるには、付加価値を増加させるか、設備投資を削減して有形固定資産を必要最小限に抑える必要がある。

関連記事

設備生産性について学んだら、永久無料の会計ソフト「フリーウェイ経理Lite」がおすすめです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
財務分析とは何か
流動比率
当座比率
固定比率
固定長期適合率
自己資本比率が100%なら優良企業?
負債比率
手元流動性比率
損益分岐点
安全余裕率と損益分岐点比率
固定費と変動費の違いとは?
限界利益率の計算方法
ROA(総資産利益率)から何が分かる?
自己資本利益率(ROE:Return on Equity)
付加価値、付加価値率、付加価値生産性
労働分配率の計算式と適正な数値
設備生産性
労働装備率
財務レバレッジ
株価収益率(PER)の計算方法
PBR(株価純資産倍率)の目安
1株当たり利益(EPS:Earnings Per Share)
1株当たり純資産(BPS:Book Value Per Share)
配当性向は高いほど良い!?
企業価値とは何か
DCF法のメリットとデメリット
フリーキャッシュフロー
資本コスト
エクイティ・ファイナンスとデット・ファイナンス
埋没費用と機会費用のどちらを考える?