預り金とは

預り金とは、役員・従業員・取引先などが負担すべきお金を、会社や店舗が一時的に預かったときに使う勘定科目です。預り金は、本人に返金される場合もあれば、第三者への支払いに充てられる場合もあります。また預り金は、あとで返済や支払いをする義務があるため、貸借対照表負債、その中でも流動負債に含まれます。そのため、預り金に含まれるのは、決算日の翌日から1年以内に返済期日が来るものです。1年を超えると、固定負債の「長期預り金」になります。今回は、預り金の仕訳について。※2017年12月6日に更新

預り金に含まれるもの

預り金でイメージしやすいのは、従業員の給料から天引きする「源泉所得税」や「住民税」や「社会保険料」でしょう。この場合の預り金は本人には返済されず、第三者へ納付されます。

お金を一時的に預かったときの仕訳

例)従業員の給料200,000円から源泉所得税10,000円を預かり(差し引いた)、残りを現金で支給した場合

借方 貸方
給料 200,000円 預り金 10,000円
現金 190,000円

従業員からお金を預かると、「預り金」という負債が増加するため、これを貸方に記入します。

預かったお金を税務署に納めたときの仕訳

例)従業員から預かった源泉所得税10,000円を税務署に現金で納めた場合

借方 貸方
預り金 10,000円 現金 10,000円

給料から差し引いて預かった源泉所得税を税務署に納めると、「預かったお金を納付する義務」が果たされます。仕訳では、「預り金」という負債が減少すると考えるため、借方に記入します。

まとめ

今回は、一時的にお金を預かるときの仕訳について解説しました。預り金は、「従業員の所得税や社会保険料などを会社や店舗が本人に代わって納付するために一旦預かるお金」と、お金の流れをシンプルに考えると理解しやすいかもしれません。預り金とは反対に、お金を立て替えるときの勘定科目は「立替金」です。くわしくは、関連記事を読んでみてください。

関連記事

預り金について学んだら、永久無料の会計ソフト「フリーウェイ経理Lite」がおすすめ。Windowsのパソコンがあれば、ずっと0円で使える会計ソフトです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
簿記の基礎知識が経営に役立つ理由とは?
仕訳とは何か?
勘定科目
分記法の仕訳
三分法の仕訳
繰越商品を使った仕訳(期末棚卸)
買掛金
売掛金
返品の仕訳(仕入戻し・売上戻り)
値引きの仕訳(仕入値引・売上値引)
諸掛とは?(売上諸掛と仕入諸掛)
現金過不足
小口現金の仕組みと管理方法とは?
手形を裏書き(譲渡)する仕訳
約束手形(支払手形・受取手形の仕訳)
手形割引の仕訳
借入金と支払利息の仕訳
貸付金と受取利息の仕訳
未収金の仕訳
未払金の仕訳
前払金の仕訳
前受金の仕訳
立替金の仕訳
預り金とは
仮払金
仮受金
商品券(他店商品券)の仕訳
有形固定資産
有価証券の仕訳
資本金
減価償却の仕訳(直接法と間接法)
伝票式会計
仕訳日計表と総勘定元帳
補助元帳と補助記入帳
小口現金出納帳の記帳方法
現金出納帳の記帳
当座預金出納帳の記帳
受取手形記入帳とは
支払手形記入帳とは
「仕入帳」を使って仕入の詳細を記帳する
「売上帳」で売上の詳細を把握する
商品有高帳
売掛金元帳(得意先元帳、得意先帳簿)
買掛金元帳(仕入先元帳)
決算とは何か?
試算表とは