立替金の仕訳

従業員や取引先が負担すべき費用などのお金を、会社や店舗が一時的に立て替えてあげることがあります。このようなお金の仕訳で使うのが「立替金」という勘定科目です。立替金は、「一時的に支払ったお金を返してもらえる権利」と考えられるため、貸借対照表資産と考えることができます。今回は、立替金の仕訳について。立替金の仕訳は、お金を立て替えたときと、立て替えたお金を支払ってもらったときに分かれます。※2017年5月5日に更新

お金を一時的に立て替えたときの仕訳

例)取引先が支払うべき配送料300円を現金で立て替えた場合

借方 貸方
立替金 300円 現金 300円

お金の立て替え払いをすると「立替金」という資産が増加するため、これを貸方に記入します。

立て替えたお金を支払ってもらうときの仕訳

例)立て替えた配送料300円を現金で支払ってもらった場合

借方 貸方
現金 300円 立替金 300円

立て替えたお金を支払ってもらうと、「お金を返してもらえる権利」がなくなります。仕訳では、「立替金」という資産が減少すると考え、これを貸方に記入します。

まとめ

立替金の仕訳について紹介しました。「悪いんだけど、飲み代を立て替えておいて」というのは、ビジネスだけではなく私生活の場でもよくある話のため理解しやすいでしょう。似ている勘定科目に「貸付金」や「預かり金」がありますので、区別できるようにしておくとよいと思います。

関連記事

立替金について学んだら、永久無料の会計ソフト「フリーウェイ経理Lite」がおすすめです


このエントリーをはてなブックマークに追加
簿記の基礎知識が経営に役立つ理由とは?
仕訳とは何か?
勘定科目
分記法の仕訳
三分法の仕訳
繰越商品を使った仕訳(期末棚卸)
買掛金
売掛金
返品の仕訳(仕入戻し・売上戻り)
値引きの仕訳(仕入値引・売上値引)
諸掛とは?(売上諸掛と仕入諸掛)
現金過不足
小口現金の仕組みと管理方法とは?
手形を裏書き(譲渡)する仕訳
約束手形(支払手形・受取手形の仕訳)
手形割引の仕訳
借入金と支払利息の仕訳
貸付金と受取利息の仕訳
未収金の仕訳
未払金の仕訳
前払金の仕訳
前受金の仕訳
立替金の仕訳
預り金とは
仮払金
仮受金
商品券(他店商品券)の仕訳
有形固定資産
有価証券の仕訳
資本金
減価償却の仕訳(直接法と間接法)
伝票式会計
仕訳日計表と総勘定元帳
補助元帳と補助記入帳
小口現金出納帳の記帳方法
現金出納帳の記帳
当座預金出納帳の記帳
受取手形記入帳とは
支払手形記入帳とは
「仕入帳」を使って仕入の詳細を記帳する
「売上帳」で売上の詳細を把握する
商品有高帳
売掛金元帳(得意先元帳、得意先帳簿)
買掛金元帳(仕入先元帳)
決算とは何か?
試算表とは