個別注記表

個別注記表は、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書の”注意書き”のような書類です。重要な会計方針に関する注記、貸借対照表や損益計算書に関する注記など、従来は各計算書類に記載されていた注記をまとめて独立させたものです。会社が、どの売上計上基準を採用しているのか、減価償却は定額法・定率法のどちらを採用しているのかなど、各計算書類がどのような基準で作成されているのか、というような内容が記載されます。※2017年6月29日に更新

なぜ、個別注記表が必要なのか?

たとえば、売上計上の時点を変更したり、棚卸資産の評価方法を変更したりすると、会社の利益は変動します。つまり、売上や仕入の事実に変動がなくても会計方針を変更することで利益が変動する可能性があり、こういった変更を開示しなければ、各計算書類を見る人に誤解を与えるおそれがあります。

そのため、会社法の施行により、会計方針を変更した場合などは個別注記表に注記しなければならないものとされました。個別注記表は、各計算書類を見る人に数字だけでは読み取れない情報を提供し、会社の財産・損益の状態を正確に判断できるようにする役割があると言えます。

個別注記表の作成義務

個別注記表は、2006年の会社法施行に伴って作成することが求められるようになりました。すべての会社に作成義務があります。

個別注記表における注記事項

個別注記表における注記事項は、以下のように区分して記載する必要があります。ただし、会計監査人非設置会社かつ非公開会社である場合は、多くの項目を省略できます。

  • 継続企業の前提に関する注記
  • 重要な会計方針に係る事項に関する注記
  • 会計方針の変更に関する注記
  • 表示方法の変更に関する注記
  • 会計上の見積りの変更に関する注記
  • 誤謬の訂正に関する注記
  • 貸借対照表に関する注記
  • 損益計算書に関する注記
  • 株主資本等変動計算書に関する注記
  • 税効果会計に関する注記
  • リースにより使用する固定資産に関する注記
  • 金融商品に関する注記
  • 賃貸等不動産に関する注記
  • 持分法損益等に関する注記
  • 関連当事者との取引に関する注記
  • 一株当たり情報に関する注記
  • 重要な後発事象に関する注記
  • 連結配当規制適用会社に関する注記
  • その他の注記

まとめ

  • 個別注記表は、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書の”注意書き”のような書類である。
  • 個別注記表を見れば、各計算書類を見る際に、どのような点に注意しなければいけないかが分かる。
  • 個別注記表における注記事項は決まっているが、中小企業は記載すべき項目が省略されている。

関連記事

個別注記表について学んだら、永久無料の会計ソフト「フリーウェイ経理Lite」がオススメです。初年度も来年度も、ずっとフリーで個別注記表を作成・出力できます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
そもそも、会計とは何か?
経理とは何か?
管理会計と制度会計の違いとは?
法人税等って何?
粉飾決算すると何が問題なの?
税効果会計で「差異」を調整する
粗利(売上総利益)
営業利益と経常利益の違いとは?
特別利益と特別損失って何が特別なの?
決算書(財務諸表・計算書類)
貸借対照表の見方
資産とは何なのか?
負債とは何を意味するのか?
純資産とは何を意味するのか?
損益計算書の項目
キャッシュフロー計算書
個別注記表
株主資本等変動計算書
減価償却で固定資産を費用にする
繰延資産
貸倒引当金
のれん
製造原価報告書
当期純利益の求め方
租税公課とは何か
交際費は損金算入できない?
役員報酬は経費になる?
法定福利費と福利厚生費の違いとは?
人件費とは何か?